先週の教室
金曜日土曜日、午前午後と開講していました。

初めての方もお越しになりました。

教室、どうでしたか?
型彫りは楽しんで頂けたでしょうか。

彫りの後、肩こりしてませんか?

そういう私も肩こりとはきってもきれない縁(笑)ですが、
やり始めるとついつい夢中になってしまうので休憩を忘れてしまい、後でひどり肩こりになってしまうという繰り返し、、、

ほんとうは、一時間に一度くらい、席を立ってストレッチしながらが良いのでしょうね!

話が逸れましたが
教室の様子、一部ですが写真でご紹介します。

○(金曜日)
初めての方はまずはこの型彫りを
a0079315_15565166.jpg

講師、二人体制の日でした。
a0079315_15572634.jpg

染めも、もう隈取りまで
a0079315_15575469.jpg

おぼろ型がきれいに置けました。

(おぼろ型までできる教室って珍しいと思います。
生徒さんも難しいのを楽しんで頂いて。
チリントゥならでは)
a0079315_15581396.jpg


○(土曜日)

写真ありませんが、午前は紗張りでした。

新しい作品がうまれていきます。
a0079315_15591430.jpg

丁寧に染めを、、、
a0079315_15593751.jpg

この日は染めの方がそろいました。
a0079315_15595688.jpg

チリントゥの教室、ご近所の方はもともと少なく関西圏でも、大阪は豊中以外にもいろいろ、
そのほか京都、兵庫、など遠くから来て頂いています。

先週は
広島、新潟、静岡、千葉、岡山と
さらに遠いところからも来て頂きました。

最初のうちはびっくりしていましたが、年々ご遠方の方が増えております。

探して頂き
ありがとうございます。

紅型は工程が長くひとつの作品が出来上がるまで時間もかかりますが、ゆっくりでも長く楽しんで頂けたら幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いします。


それでは皆様、教室お疲れ様でした!


[PR]
# by tirinto | 2017-10-19 12:40 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
11月イベントします!
急に寒くなってきましたね。

日が沈むのも早くなり、今年もあと2ヶ月ちょっと…
と思うとなんだかせわしない気持ちになりますね。

チリントゥでは、来月久しぶりにイベントを計画しています。
(写真、サンタクロースのテーブルセンターなのです。横向きにしてます。)

HPではすでにお知らせしておりますが
a0079315_18411209.jpg

師走に入る前の

11月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間、
『年末と年始の暮らしをたのしむ紅型』をテーマにした
チリントゥ作品の展示販売とワークショップを開催します。

何か楽しいことをやりたいなぁと夏くらいから少しずつ計画していまして、
ほんとうに久しぶりにですが、小物の展示販売もします。


このイベント、ふだん教室と制作に使っている工房を会場にした初のこころみです。

限られたスペースですが、ほっこりあたたかな空間になればと準備しております。



またいつものように初めての方でもご参加頂けるワークショップも3つから選んでどうぞ!!

皆様ぜひ11月24日(金)・25日(土)・26日(日)
お越しくださいませ。

ご案内のチラシも週末には出来上がる予定、、、

中身については
こちらのブログとFacebook にてこれからご案内してまいります。

ちなみにワークショップについては

・クリスマスツリーの額
・お正月の柄のコースター2種
・迎春タペストリー

この3つをします!

初めての方でも大丈夫です。

お申込みスタートは月末の予定でしたが、少し前倒しになりそうです。
人気のものは早く埋まることもあるので、お日にち決まり次第ブログで告知いたします。

それでは、どうぞよろしくお願いします!


a0079315_18414926.jpg
*:**:*:**:*:**:*:**
今回のイベントは大阪豊中市の工房を会場にしたもの。

会場に、と言ってもいつもの工房なのですが、
ここの場所ならまだ小さい娘と一緒に過ごす時間を確保しつつ準備もできるかなという思いもあり。

私自身は、仕事と家庭は分けたいほう、だと思っているのですが、
家の中では完全に混ざっています。

仕事のメールの返事をするかたわらで娘がぐずることもあるし、
ミルクを飲ませながら頭では仕事のことを考えていたりもするし、
出産の時には、直前までアシスタントさんに講座についての連絡などして...
育児100%の期間がとても短かったかもしれません。

娘には私はどう映っているのだろう...とふと考えることがあります。
しかし、娘は他のお母さんを知らないわけだから、これが普通になっているのでしょう。

その娘も最近ではずりばいで何処へでも行くようになり、目が離せなくなりました。

今も途中で起きてきて、そばで遊んでいます。

ブログは、昔にくらべてすごく簡素化させてもらってると思います。
文、少ないし、もっと教室の様子もこまごま書きたいな、とは思っていますが、
今はこれでOKと、自分にOKを出して、娘との時間に使っています。

イベント、来て頂いた方々が楽しかった、と言ってもらえるような空間になればと思います。

ではでは、また!







[PR]
# by tirinto | 2017-10-17 18:47 | お知らせ | Comments(0)
近鉄文化サロン始まりました!
いよいよ始まった3回完結講座、今日はその1回目でした。

阿倍野ハルカスのすぐ近くのりっぱなビルの中に近鉄文化サロンさんはあります。
a0079315_21221699.jpg
今回も満員御礼での開催、大変ありがたく
今日の準備を楽しみに進めてきました。

初めての方、昨年に続きリピートくださった方、
みなさんとても熱心にお話を聞いて頂き、
また型彫りもしっかり進められました!
a0079315_21224625.jpg
初めての方、型彫りいかがでしたでしょうか?

初回から宿題でびっくりされたかもしれない!
a0079315_21230862.jpg
紅型をここからやるとは思ってなかったー!
というご感想頂きましたように、
けっこう、本格的だと思ってます。

いつもの豊中の工房の定期教室とは
また違った雰囲気で、
楽しんで頂けるような3回になればと思います。

あ、もうあと2回なのですが、、、。
a0079315_21233988.jpg
それでは、皆様お疲れ様でした!

お家での作業、ぜひ頑張ってください。

[PR]
# by tirinto | 2017-10-12 16:55 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
教室レポート9月
随分涼しくなりましたね。

なかなか教室レポートをアップできないまま
10月を迎えておりました。

先月の様子、少しご紹介します。

型紙作りの作業がとても多い月でした!

型紙の下絵作り・・・

型紙の彫りのチェック・・・

彫り上がった型紙の紗張り・・・

a0079315_07253995.jpg

a0079315_07260105.jpg

a0079315_07263191.jpg

型置きもありました!

連続模様の型置きに初めて挑戦の方も。

a0079315_07302090.jpg

a0079315_07305515.jpg

ご遠方からの方も増えております。

金土のみの教室ですが、
カリキュラムを一度に2コマ進むように
設定したりと対応させて頂いています。

工程上、乾燥させる必要がある時は、
1コマしか進めない時もあります。

毎回予約制ですので、2ヶ月空いても工程上問題なければ、大丈夫です。
その方のペースで、進めていきます。

またお気軽にお問い合わせください。

a0079315_07311723.jpg

それでは、9月お越しの生徒さん皆様
お疲れ様でした!

また今月もお待ちしております。

[PR]
# by tirinto | 2017-10-07 07:17 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
近鉄文化サロン一名様募集!
ありがとうございます!

無事満員となりました!

10月5日追記

************

来週スタートのお正月タペストリーをつくる三回講座、
キャンセルがあり一名様の空きございます!

お日にちのご都合合えばこの機会にいかがでしょうか。
10月12日・11月9日・12月14日
第2木曜日になります。
a0079315_17151092.jpg
講座についてはこちらにご紹介しております。
http://tirinto.exblog.jp/237584561/

取り急ぎのご案内まで!

お申し込みは近鉄文化サロン、もしくは工房チリントゥにご連絡いただいても大丈夫です。

[PR]
# by tirinto | 2017-10-04 01:09 | お知らせ | Comments(0)
ありがとうございます
今日は秋晴れの気持ち良い日です。

本当に有難いことに、チリントゥ紅型教室、最近は大賑わいとなっております。

先週の教室は、皆さん仕上がった型紙を使い型置き・そして早い方は染めへと進んでおられます。

一日、生徒さんそれぞれの作業など見させて頂いておりましたら、写真を撮るのをすっかり忘れて・・・
と言いますか、途中で写真撮ろう!と思い出したのですが、写真を撮る時間がとれず、
教室レポートなくてすみません!!!

5月の復帰から、5ヶ月。

復帰直後から来てくださった生徒さん、チリントゥを見つけてあらたにお申込み頂いた生徒さん、
再び教室に戻ってきてくれた生徒さん、そして影で支えてくれる生徒さん、講師として踏み出したスタッフ、
本当に皆様ありがとうございます。


人数が増えていることでお待たせすることもあると思いますが、
おひとりずつの作品を見させて頂きたいと思いますので
順番に、ということでご理解頂ければ幸いです。

また待ち時間などの解消のため、講師二人体制の日も作っていきたいと思っております。
生徒さんがスムーズに不安なく作業できるように、質問シートなどのお渡しも始める予定です。

これからもチリントゥ紅型教室をどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

工房チリントゥ 戸谷真子


=============
『チリントゥ紅型教室』
http://tirinto.com/school.html

追伸:10月7日(土)13日(金)14日(土)は満席となっています。

HPの反映が間に合わずすみません。


[PR]
# by tirinto | 2017-09-29 11:37 | チリントゥ日記 | Comments(0)
生徒さんの型紙(9月完成分)
今月仕上がった生徒さん皆様の型紙です。

紗張りの方が今月は多く、沢山の型紙が完成しました!

順不同で、写真だけですが掲載させて頂きます。

【初級Aの方々の型紙】

a0079315_19205546.jpg


【中級Aの方々の型紙】
a0079315_19211094.jpg

a0079315_19213372.jpg

a0079315_19214916.jpg


【中級Aロングの方の型紙】

a0079315_19221062.jpg


【中級Aロング連続の方の型紙】

a0079315_19222472.jpg


【上級Bの方の型紙】

a0079315_19224420.jpg

a0079315_19225712.jpg


【中級Bロングの方の型紙】

a0079315_19232212.jpg


【中級Cの方の型紙】

a0079315_19231000.jpg

この後は型置きへと続いていきます。
これからどんな作品が仕上がっていくのか、今からとても楽しみですね。

まずは型紙完成おめでとうございます!


[PR]
# by tirinto | 2017-09-21 19:14 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
沖縄限定プリッツのパッケージに
8月に沖縄限定で発売されたジャイアントプリッツ。
a0079315_07205777.jpg

パッケージにチリントゥの布を使ってもらいました!

黒糖味と紅芋味の二種です。


布の柄は古典紅型模様です。


沖縄にいる方、沖縄へ旅行へ行かれた方、
良かったら探してみてください!

ジャイアントなので、A4サイズより大きめで目立っていると思います。

待ちに待った現物が届き無事ご紹介できました!




[PR]
# by tirinto | 2017-09-19 07:11 | お知らせ | Comments(0)
反物を張って
この感じ、工房らしくみえるでしょうか。

教室でも、反物を張った上級コースの作品制作が始まりました。

反物。
今では着物好きの方でないと、反物自体を見ることも少ないでしょうか?
a0079315_21465585.jpg
子供の頃、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる一反木綿のキャラクター、不思議でなりませんでした。

一反の木綿生地の妖怪なのか、と今になり納得できましたが、合っていますか?

ちなみに着物1着分、一反で約13メートルです。(幅は38センチ前後)

ではまた後日、教室レポートいたしますー。

[PR]
# by tirinto | 2017-09-10 21:36 | チリントゥ日記 | Comments(0)
紅型に対しての思いとは
最近まとまった時間にパソコンに向かうことがなかったのですが、今夜は娘も寝て相方も遅い帰宅で
私自身も目がさえていて、静かな時間を過ごしています。

現在は教室を中心に活動しているチリントゥですが、これからの活動の仕方でさまざま考えることや悩むこともあります。

沖縄で活動している同じ工房出身の友人と、よく「ゆっくり話がしたいね~」と言い合っていますが、本当に話がしたいです。
きっと似たような悩みもあるような気がしています。

私の場合は、沖縄から離れて長くなりました。

修業時代のこれでもか!というほどの染め浸けの日々、その後の京都での制作中心のギリギリの毎日だった数年、
そして教室中心の大阪での今。

教室を開始してから来年で10年になります。

開始当初は、沖縄の修業で学んだ厳しい染めを、教室=趣味というジャンルで扱うことにとても抵抗がありました。
極められた技術、プロとしての完成された美意識というか、ひとつの妥協も許さないお師匠さんの元で修業していましたから。

琉球王朝時代から続く名家を守ってこられたお師匠さんにがっかりされたくない、教えて頂いたことをまっとうに私も続けたいという気持ちが強くありました。

教室というのは、分かりやすく言ってしまうと、プロしかできないことを初めての方でも楽しめるように、様々な部分でゆるくする。
それは、正直に言うと、教えてもらった紅型の何かを捨てることのようで、辛い部分でもありました。

例えば、教室では樹脂顔料を中級までの方に使ってもらうこともひとつ。
細かいことで言うと、プロの仕事では、顔料を容器からとった後に、キッチンペーパーなどで筆を拭かなくても適量の顔料をとっているのでにじませることはしません。
なので、教室でキッチンペーパーを導入することも当初はすごく抵抗がありました。
でも、そのペーパーで拭くことをしないと、大半の生徒さんは顔料を布に染める際、にじませてしまう。

そのほかにも、数えたらキリがないのですが、教室では紅型というものを知って、楽しんで頂きたい、という思いから
なるべく失敗なく誰もが作品制作を楽しめる方法をとっています。

捨てると言いましたが、反対に教室を始めたことで得るものも多く、生徒さんの作品に感動したり、様々な方との出会いに感謝したり、その方が心から紅型を楽しまれている様子を拝見できたり、私自身も勉強になることも本当に沢山あります。


ところが教室を長くやっていると、生徒さんの中には、制作したものを販売したい、又は教えたい、と考える方もいらっしゃいます。
そういう方がでてくるのは、当然といえば当然です。

けれども、販売したい、教えたい、ということはプロになるということ。
そうであるのなら、教室の生徒さんの枠ではなく、きちんと本当の厳しい技術の紅型染めを知ってからにしてほしいと私は思うのです。

また技術に加え、沖縄の方が守ってこられた紅型の歴史も学び、感じ、紅型の素晴らしさと奥深さを知ってから、やって欲しいなと思います。

それを知っているのと知らないのでは、全然違うと思うのです。

それが私の望みです。


なかには実際、沖縄に修業へ行き、向こうの工房で働き頑張っている元生徒さんもいます。

もちろんそれは一例であって、こちらにいても紅型を極めることはできると思っています。
要は意識の問題なのだということを言いたいのです。

私の望みです、と先ほど書きましたが、望みを言うだけではダメな時期に来たのかもしれません。

具体的に、ここまで勉強したら、という線引きを作る時期に来たのでしょうか。

なぜこんなことを書くかというと、ほんの少し教室で制作されただけで紅型を分かった、作れる、と思ってしまう方も中にはいるからです。

非常に難しいことだな、と感じています。





[PR]
# by tirinto | 2017-09-08 13:01 | チリントゥ日記 | Comments(0)