上級の作品【七五三の三つ身】
前のページでチラッとご紹介していた「七五三」のお着物。
生徒さんの作品です。
三歳で着る三つ身になります。(失礼しました。三つ身でした)

先日、洗いの工程を終え、完成しました。
a0079315_8465128.jpg

連続模様ですので、反物で見ると模様の流れが大変美しいです。(写真は影が入ってしまいました)

被布も一緒に制作しており、赤い被布にポイントで模様を染めています。

この赤も、もちろん工房で生徒さん自身が染めています。

濃色は最後の洗いで色落ちをどうしてもしてしまうので、仕上がりが心配でしたが
いい色に染まってくれました。
この赤にたどり着くのも、かなり迷って悩まれていましたが、赤にして良かったように思います。
a0079315_8471213.jpg

デザインから生徒さんご自身でされましたので、思い入れもひとしおだと思います。
三つ身であっても、これだけの量を自宅で染めたのは大変だったと思います。
この夏に染められました。

型置きのときの紗の後がすこし残ってしまった点が残念なのですが、なんと3作品目で着物までいってしまいました。
そのパワーには、私も感動です。

この生徒さんの色に、毎回紅型の魅力を再発見させてもらっています。

仕立て上がりが、ドキドキです!
[PR]
by tirinto | 2012-10-09 08:53 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
<< 愛染寺町での5年間半。 移転前の京都の工房にて >>