ほっこり
めっきり、寒くなりましたね。

今日は、昨夜出来上がった着物の反物を仮仕立てしてもらいに、いつもお願いしている方のお家に行きました。
仮仕立て(仮縫い)とは、反物を着物の形に簡単なしつけ程度に縫ってもらうことです。

学生時代から仮縫いをずっとお願いしてきている方なのですが、行くと決まってお抹茶をたててくれるのです。

それも、鉄瓶で。

桜模様の真っ黒な南部鉄。
鉄瓶でお湯を入れるとお抹茶がまろやかになるそうです。

今日はお抹茶と一緒に栗の渋皮煮(これもお手製!)を出してくれました。

「ちょっとお抹茶たてて飲んだら、ほっこりする思てねー」

去年のちょうど今頃も毎日とても忙しかったのですが、そのときもこのお家でお抹茶をいただいて、とってもホッとしたことを思い出しました。

お家の雰囲気もちょっとレトロで油絵が掛かっていたりと大好きなのですが、スタイルのある人っていいなぁと思ってしまいます。

あと何十年も生きたらこんなふうになれるんやろうか、、と。
憧れてしまう人のひとりです。


私の住むところは紅葉の名所、嵐山のすぐ近くなのですが、今日もものすごい人で賑わっていました。

でも、紅葉はもうちょっと先のようです。

そんな観光客でごった返す中、ひっそりと小さな喫茶店でコーヒーを飲んでいた私ですが、ひなびた喫茶店には通りはひとでいっぱいなのにあんまりお客さんは入ってきません。
マスターと客が顔なじみで客の差し入れを一緒に食べている、といった感じなので店内はほのぼの(?)

でも、ここのケーキはとてもおいしいです。
それにカウンターも、居心地がいいです。

最近になって、オシャレな今どきのカフェよりも何年も前からやっているどっしりしたお店のほうが落ち着くことに気が付きました。

年月を重ねているところは居心地がいいところが多いです。

a0079315_22285355.jpg

反物、、染め中、、分かりにくいかな。
[PR]
by tirinto | 2006-11-17 22:26 | チリントゥ日記 | Comments(2)
Commented by しゅう at 2006-11-19 01:06 x
落ち着く場所探してますw
出来れば静かな所で静かに本でも読んでたいなあ。
田舎もええんやけど、虫さえおらんかったらw

スタイル。趣というか。
これ、という方向性が見える人に憧れるなあ。
オトナを目指してがんばってます。
Commented by tirinto at 2006-11-21 10:50
>しゅうさん
秋はやっぱり、そうゆうのに憧れますな。
昨日は約束の時間までスタバのオープンカフェで本(しかも短歌!)を読んでいていい感じだったんだけど、
寒かった、、、です。
<< 展覧会のご案内 ときには机で。 >>