<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
染め上がった反物と 初対面!
やっと会えた、色が入ったこの柄に!
a0079315_831097.jpg

先日まで隈取りをしていた反物を洗いました。

想像はしていたんだけど、やっとご対面できた。

くっきり染め上がった柄を見ると、なんとも言えない気持ちになる。

13メートルの染めは長かった。
a0079315_833026.jpg

わぁ・・・!という感動を独り占めして、ひと呼吸おいたら
もう次の作業が待っています。

そうです、白地上がりの後は、地染めをするための準備に入るのです。

今は柄を糊で伏せる作業をしています。

すべて手と目の感覚だけで、柄にピッタリと糊を伏せていきます。

上の写真は伏せる前、下は伏せた後です。
a0079315_842097.jpg
a0079315_843046.jpg


それから、以前に「隈はどれくらい入れているの?」という質問があったので
今回数えてみました。

1パタン(34㎝×38㎝)に202カ所の隈をとっていました。
それを34回繰り返したので単純計算で6868回ということになります。

う~ん。。。後悔しないように隈がとれて良かった、と思っておこう。
a0079315_8113946.jpg

[PR]
by tirinto | 2015-01-30 08:12 | 作る途中のこと | Comments(0)
今年初の教室レポート!
教室レポート、最近ずっとお休みしていました。

アップしたい気持ちすごくあるのに写真の整理や加工の時間がもてなく、
制作のほうを優先させてもらっていました。

教室は、2015年も変わらずやっております♪

新しい生徒さんもお迎えし、1月がスタート。
今年もどんな教室になっていくのかワクワクしています。


というわけでして♪ 本年も教室レポート、どうぞよろしくお願いします!
a0079315_8443648.jpg

完成作品もたくさんたくさん、昨年のもまだあるんです。

素晴らしい作品ばかりなので、教室作品展、またやりたいなぁという気持ちが
ムクムクわいてきております。

中級C(染め地型という彫りの型紙でつくるコース)の作品も徐々に増えてきています。

・・・写真は中級Cの糊伏せの様子・・・
a0079315_845561.jpg



染めの時間。
a0079315_8452988.jpg


隈どり。
a0079315_8464491.jpg


連続柄の型置き。
a0079315_847853.jpg


今年も、教室という場で
作ることを思いっきり楽しんでもらえたら。

染めることの面白さをいっぱい感じてもらえたら。

そんな場所になれるよう、繋げていきたいと思います。

そして、ちょっと余裕があれば・・・
沖縄のもつ不思議な魅力、文化や歴史にも触れていければと思っています。
[PR]
by tirinto | 2015-01-29 08:59 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
いのちを吹き込む
いま、というか昨年の秋からですが、
着物を染めています。

年末から時間をつくり、染めをすすめて
なんとか隈取りまでたどり着いています。

パソコンに触りたい気持ちをおさえて、和裁も休み、今週は集中して隈を入れていくつもりです。
a0079315_11380063.jpg
隈取りは、ボカシのことをさすのですが
私はこの作業をとても大切にしています。

作品にいのちを吹き込む作業だと思っています。

教室では、なかなかうまく伝えられないのですが、
模様をイキイキとさせられるのは
紅型独特の隈取りがあるからだと感じています。

何年続けてもそのたびに悩み、決して正解はない隈取り。

いま感じたままの気持ちをのせて、隈を入れてみたいと思います。

[PR]
by tirinto | 2015-01-20 11:29 | 作る途中のこと | Comments(2)
断髪式
いろいろ、アップしたい内容が積もっています。

今年はお正月、着物で過ごしていました。

着物はいただいた付け下げ、帯は以前染めたものです。
慌てて着てシワが寄って恥ずかしいですが、こんな組み合わせで着ました。
a0079315_15112593.jpg
着物の着方を少し変えたら、
実家への3時間近くの電車も楽ちんでした。
今年はたくさん着物来たいと、思っています。

この写真の数日後ですが、
チリントゥ、髪をばっさり切りました。
まわりには、イメチェンで…と言っていますが、
実は紅型の筆のために髪を切りました。

過去にも二回、経験しているのですが、
美容師さんに「ココから切ってください」とお願いして、20㎝くらいを一気に切ってもらいました。

すごい、爽快でもあるし、寂しい気持ちにもなる。
それまで自分の一部であったものが、今は切りなはされて目の前にある、というなんとも不思議な感覚です。

紅型の伝統的な筆は人毛で出来ています。
作家さん自ら筆も作ります。
a0079315_15254160.jpg
長い人毛はなかなか手に入らないので、チリントゥは数年に一度、自分の髪で作っています。

教室の筆も、カタチは伝統の筆と同じにしています。
豚毛ですが、わりと染めやすいと思います。

道具は、作るひとにとって、職業関係なく大切なものだと思います。

赤ちゃん筆と違って、全然可愛げのない髪ですが、良い筆を作ろうと思います。

紅型バカと言われても、いいんです(笑)
また断髪式やる日まで、髪を大切に伸ばしましょっと。

[PR]
by tirinto | 2015-01-15 15:05 | チリントゥ日記 | Comments(0)
本年もよろしくお願い致します
a0079315_10123369.jpg

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

元旦は全国的に寒い一日となったようですが、皆様のところは雪など大丈夫でしたでしょうか。

2015年が皆様にとって幸せな一年となりますようにお祈り申し上げます。



チリントゥは10年の節目となります。
自身の制作活動では、より一層ステップアップしていきたいと思うのと、
紅型を通して皆様とほっこりできる時間をゆるく長くつくっていけたらと思っています。

5月1日から3日には京都で個展も開催予定でおります。
久しぶりに制作に力をいれて頑張ります。

今年も、そメぇ~と共に、ふわふわもこもこ紅型時間を育てていきとうございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


工房チリントゥ
戸谷 真子
[PR]
by tirinto | 2015-01-07 10:29 | チリントゥ日記 | Comments(0)