<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
この本を読まねば
紅型は、沖縄の伝統的な染め物です。

私は二年間という今考えれば短い期間でしたが、沖縄に住み、15代続くと言われる紅型工房で修行させてもらいました。

修行時代の20才の頃は、琉球王朝のこともよく分かっていなくて
お師匠さんから、冊封使の話や進貢船の話を聞いてもピンと来ていませんでした。(すみません、お師匠さん)
そもそも琉球王朝が中国と、また江戸幕府と交易していたことさえ知りませんでした。

お師匠さんをはじめお世話になった方には、今思うと沖縄の歴史や文化をいろいろ教えて頂いていたと思います。
例えば福州園、ジュリ馬の話や、ノロの話、首里の石畳道、湧き水の樋川、大アカギの木、亀甲墓、ムーチー、豚肉料理、、、とりとめもなく様々思い出されます。

紅型は、琉球王朝がなかったらうまれていないもの。

今沖縄から遠く大阪にいるからか、余計に琉球王朝について知りたくて、紅型の歴史も調べたくて。
a0079315_21344260.jpg
今はこの2冊を手に入れて読んでいます。

ああ、この作者の方に直接尋ねてみたいことが沢山ある!

紅型歴史研究会なるものがあったとしたら是非入りたい、、、誰か開催しないかな。

[PR]
by tirinto | 2017-06-18 21:14 | 紅型をたどる | Comments(0)
下駄ワークショップしました
先週は、定期教室の翌日から二日間、
下駄のワークショップをしました!

開催5年目になりました。
a0079315_21040818.jpg
下駄の鼻緒という小さな作品ですが、毎年出来上がるまでドキドキし、予想もしない素敵な染め上がりを見させて頂いたりと私自身も待ち遠しいワークショップとなっています。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

出来上がりを楽しみにお待ちください!


[PR]
by tirinto | 2017-06-17 20:56 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
先週の教室
こんにちは、梅雨入りしたのになんだか最近は乾燥の方が気になってしまって。
あ、これはお肌と紅型の糊の両方。

糊は乾燥と湿気にデリケートなんです。
お肌と一緒のようですね。

さて、遅くなってしまいましたが、先週の教室のレポートです。

中級の方、染め、少しずつ進んできました。
a0079315_15280928.jpg


a0079315_15282812.jpg
お二人、新しいコースで型紙の準備を進められました。
a0079315_15295564.jpg
毎月第2土曜日は紗張りの日なのですが、
初級の方と上級の方の型紙が仕上がりました。
a0079315_15322482.jpg

a0079315_15324789.jpg

a0079315_15330166.jpg
彫りの時間では、お家で写してきてもらった型紙をチェックして、彫り始められました。
次の紗張りの時間、また楽しみですね。
a0079315_15373523.jpg

みなさまお疲れ様でした!

紅型は様々な工程があって面白いですね。
先週も素敵な作品の制作が進み、また仕上がりが楽しみです。


[PR]
by tirinto | 2017-06-17 15:21 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
秋講座の型紙、完成
昨日は紗張りをしました。
a0079315_20342857.jpg
一枚だけ、もったいないですが、急いでいるので紗張りをしました。

講座では、一部の彫りもして頂くので、
初めての方でも難しくないように、けれど見栄えがするような柄、、、
ということを考えて彫りをしています。

カンタンで見栄えがするというのは、とても難しい。


a0079315_20350344.jpg
さて、今週はいつも手伝ってくれている生徒さんと顔料のミニボトルも補充しました。

11色、揃いました!
お家で染める時に使って頂けるものです。

教室でご購入頂けます。

こんな教室の準備や工房でなければできない仕事の時には娘を連れて。

何度か行くうちに、娘も工房にだいぶ慣れてきました。
そして、おんぶができるようになったことが
すごく大きいです。

仕事が、進みます。

おんぶをしていると寝てしまいます。
a0079315_20361183.jpg

仕事場に付き合ってくれた後は、遊んだり絵本を読んだり。
けどまだ訳もなく泣くこと(いや本人は何か訴えたいのだろうけど私が理解できてない)も多いから、起きてる時は抱っこしている時間がいちばん長いのかもしれない。

娘、ゲンコツ山のタヌキさんのような日々です。
気がつけばもう生後半年になろうとしています。


[PR]
by tirinto | 2017-06-04 11:55 | 作る途中のこと | Comments(0)
問答無用の感動
それから、7月には今年も植物園での作品展を企画して頂いたので、そこに出せる新作をデザインしています。
小作品になりますが、染められたらと思っています。


デザインをしていると、お師匠さんの声が聞こえてきます。

私は、デザインは悩みますが、残念ながら誰かに相談などできません。
そんな時、お師匠さんがよく言ってくれていた言葉が、私に話しかけてくれるように聞こえてきます。

静かに穏やかに、いつもダメ出しをしてくれました。
お師匠さんには、確固たる軸というかデザインにおいてこうすると良い、というのがあって
絶対にぶれない強さがありました。
私は、ぶれてばかり、まだ自分のデザインを模索しています。


家に、お師匠さんから頂いた、首里城を紅型で染めた大きな額絵があります。

当時、紅型のことをほとんど知らなかった主人でしたが、初めてそれを見たとき、とても感動していました。

惹きつける何か、それは才能でもあるけど積み上げてきた努力、だと感じるのです。

それが、作品ににじみでているんだと思います。


いつか、私もそんな問答無用にすごいっと思ってもらえるようなものを染められますように。

がんばろう。





[PR]
by tirinto | 2017-06-01 12:30 | デザインこぼれ話 | Comments(0)
秋の講座準備
先日、高校時代の友人とメールをしていて、友人がお茶目な写真を送ってくれたので、私はそれに応えるつもりで自分の変顔写真を送ってみたのです。

気を許している友人だからできることなのですが、笑ってくれるかと思いきや
その写真に対して真面目に
「その表情ちょいちょいするやつですな〜♪」
とコメントが返ってきたのです。

えっえー??

いや、それって作ったつもりの変顔を、私は無意識にちょいちょいしてるってことー?

いやぁ、なんとなく、へこみました。

自分のことって分からないものだ…

と、どうでも良い話をしてしまいました。

今週は、デザインと型彫りをひたすらやっていました。

もちろん娘、まだ5カ月なので、合間合間にということですが。

秋から始まる近鉄文化サロンの講座をお引き受けし、そのサンプルをあと二週間後までに提出しないといけないのです。
10月11月12月の講座なので、お正月に向けた柄にすることにしました。
a0079315_21405614.jpg
お正月、、、!
今この時期にお正月をイメージするのは難しいのですが、いろいろ思い浮かべ
3時間で彫れるシンプルで、それにチリントゥらしさも取り入れたお正月柄を彫りました。

あとは紗張りし型置きし染めて洗って、完成したら撮影して!
ってあと二週間でできるのかしら!

頑張ります。

[PR]
by tirinto | 2017-06-01 12:00 | 作る途中のこと | Comments(0)