<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
一歳児のおやつ
久しぶりにバレンタインでお菓子作りをしたら、そこからまだ手作り熱が続いて
娘のおやつを作っています。

日々の離乳食は作るものの、おやつとなると
赤ちゃん用のおせんべいなどに頼ることが多く
手軽なのでついあげてしまいます。

でも、私、昔から好きな本がありまして、
それが子供のおやつのレシピ本なのです。

ここには、野菜を中心にした優しいおやつがたくさん載っており、見ているだけでほっこりさせてくれます。
a0079315_09422967.jpg

スープ類もいくつかレシピが載っていて、
かぼちゃをベースに様々な野菜を使った『玄米の秋野菜のポタージュ』は、
娘や友人の子供さん達もおかわりが出るほど好評でよく作っています。

梅崎和子さんで、是非検索してみてください。

ということで、せっかく持ってる本を活用せねばと
今回は
『さつまいもとリンゴの葛あん煮』
『もちもち紫イモクッキー』を少しアレンジし作りました。

まず、さつまいもとリンゴの方は、
手づかみ食べできるようにと葛あんは使わなかったのですが。
a0079315_09425131.jpg

娘、まったく食べてくれませんでした。。。
鍋に大量に作ってしまったのに。。。
どうやらリンゴの甘酸っぱさがダメだったよう。

私のおやつになってしまいました(笑)

a0079315_09434280.jpg

次にクッキーの方。
こちらは、オーブンで焼くクッキーなのに赤ちゃんの離乳食にもオッケーのように書いてあり、
どういうこと??と作るまでハテナだったのですが、
上新粉を使うのでモチモチしており
今の娘にちょうど良い感じ。
a0079315_09440106.jpg

実際は、紫イモも使うのですが、スーパーになかったので、代わりにさつまいもとヨモギ粉をつかい緑と黄色のクッキーに。
こちらは食べてくれました。

自分で少しずつちぎって食べるのが偉いなぁと
眺めていたら、
半分くらい食べたところで、
私にハイ!とくれるので
あやしいなあと思っていたら。。。

いや、きっとお腹空いたらまた食べてくれるはず!!
a0079315_09442298.jpg

日々成長し、風邪もひかず食欲旺盛で、朝起きると必ずニコニコ笑ってくれる娘。
夜中にどんなに蹴られても、泣いても
朝の朗らかな様子を見るだけで全部オッケーになってしまいます。

桃の節句には、自力で立ってくれるかなあと期待しているのですが、
ヨガの先生にも、今になり「ハイハイ上手になったねぇ」と褒められる。
マイペースに思うがままに生きて欲しいから、
それで良いかっ。

今は市販のおせんべいに負けてますが(笑)
成長と共に、手料理も大切にしたいなぁとあらためて思うのでした。

[PR]
by tirinto | 2018-02-20 09:16 | チリントゥ日記 | Comments(0)
泡盛入り生チョコ(写真付き)
昨日はバレンタインでしたね〜

私は久しぶりに台所でチョコまみれになってました。

10年ぶりくらいに『泡盛入り生チョコ』も作りました!
a0079315_08454518.jpg
◎作り方すぐ見たい方は下へ↓↓↓

このチリントゥの足の裏のブログは長いことやっているのですが、2007年の時に書いた泡盛入りのチョコの作り方の記事は、今でも時々誰かが見てくれてるみたいで、この時期閲覧の上位に上がってきたりして、うれしいなあと思ってました。
●2007年の記事
http://tirinto.exblog.jp/5134595/

ですが、写真がないのがずっと悔やまれてたので、今回写真付きでもう一度お伝えします。

ブログ、2006年からでもう10年いじょ経っていました。
おそろしい〜
チリントゥの歴史がここに詰まってます。
いつも見てくれてありがとうございます。

【泡盛入り生チョコレシピ】

<材料>(15cm×15cmの型)
製菓用チョコレート(スイート)・・・180g
生クリーム・・・100ml 
卵黄・・・1コ分 
砂糖・・・・15g
泡盛・・・約20〜40ml 
ココア適量

<準備しておくこと>
・チョコレートは細かく刻み、ボウルに入れる。
a0079315_08373436.jpg
・型の内側に、一回り大きめのラップフィルムを二重に敷き込む。

<作り方>
鍋に卵黄を入れてほぐし、砂糖を加えてよく混ぜる。
a0079315_08384336.jpg
(今回砂糖は黒糖で)

別の鍋に生クリームを入れて、弱めの中火にかけ、沸騰寸前で火からおろし(電子レンジにかけてもよい)、①にまぜる。

②の鍋を弱火にかけて絶えず混ぜ、軽いとろみがつくまで火を通す。

刻んだチョコレートの入ったボウルに③を加えてまぜ、チョコレートをなめらかに溶かす。
泡盛を加えて混ぜる。(泡盛の分量はお好みで。だいたい40mlくらい入れても味はキツくなくふんわりと香る程度)
a0079315_08394396.jpg
(私の大好きな菊の露。入れる泡盛は何でもOK)

準備した型に④を流し入れ、そのまま冷やし固める。固まったら好みの大きさに切り、バットに広げたココアの中に入れて1個ずつ全面にココアをまぶす。
a0079315_08401286.jpg
(流し入れたところ)

1651kcal(全量)

写真入れて見たけど、鍋の写真とかないっ。
やっぱクックパッドとかにあげる人はすごいなぁと実感。
でもすごいカンタンなので是非!
って、バレンタイン後でごめんなさい。。。

今回泡盛の分量を間違えて50くらい入れてしまったら、試食でちょっとくらくら(苦笑)
ほどほどにお楽しみください♪
また、作るときにアルコールは飛ばさないので、お車乗るかたは避けてくださいね!


泡盛の風味がいい感じでチョコに入って、たまりません!
是非お試しくださいね~☆

[PR]
by tirinto | 2018-02-15 08:26 | チリントゥ日記 | Comments(0)
今月の完成型紙
生徒さん完成型紙のご紹介、久しぶりですね。

昨日の紗張りで完成したものをご紹介します。

◆初級Aの方
昨年イベントで体験頂き、今回から定期教室もスタートのお二人です。
a0079315_13104911.jpg

◆中級Aの方
こちら二つの型紙は、今回2回目の型彫りの方の作品。
牡丹の柄と松梅がメインの柄。
両方共に古典柄です。

どちらも丁寧に仕上げられています!

a0079315_13112895.jpg

a0079315_13114645.jpg

◆中級Bの方
初めての創作柄

とっても頑張られました。
二枚で一組の大きな作品に向けて。
a0079315_13120909.jpg

◆中級A繰返しの方
教室お休み後、昨年末に復帰頂き
2年ぶりくらいの制作ということで、
まずは古典柄で復習をと、この橘の柄を選ばれました。
こうして時間が経ってもまた再開して頂けるのはうれしいですね。
a0079315_13122554.jpg

◆中級Aロングの方
中級Aの作品と並行してお家で型彫り頑張りました。
型彫りを楽しみながらされています♪

藤のお花が美しい古典柄です。
a0079315_13125090.jpg

皆様、次はいよいよ型置きですね!

どんな作品になるか楽しみですね♪

[PR]
by tirinto | 2018-02-11 13:07 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)
今週の教室レポート
極寒の冬となっていますが、皆様のところは大丈夫ですか?

チリントゥ紅型教室では今週も生徒さん皆様、元気に来て頂きうれしかったです。

今週金土は様々な作品制作、工程もいろいろで盛りだくさんでした!

a0079315_23045698.jpg
◆和紙染めや日傘、ランチョンマット、初級Aの布、など染めのテーブル

a0079315_23112006.jpg


a0079315_23115575.jpg
◆初級Aの方の型彫り、中級Aの方の型彫り、
中級Aロングの方の下絵制作

a0079315_23134942.jpg

a0079315_23142312.jpg
◆土曜日は紗張りでした
みんなでツリ切り♪

半乾きを見極めるのは難しい、、、
模様が取れないようにそーっとツリを外していきます。

a0079315_23171203.jpg
こちらの型紙の完成は次のページで…

a0079315_23174479.jpg


a0079315_23182014.jpg

だんだん上達していかれるのを見ると
うれしいです。

皆さん、ペースは様々です。
コースを掛け持ちの方、二、三ヶ月に一度少しずつの方、ほんといろいろですが
その時一緒になった人同士、お互いの作品を見て刺激をもらったりと、作るのが好きな人の集まりです。

今回は紗張りもあったので、次の記事で
型紙もご紹介したいと思います。

今週も皆様、お疲れ様でした!


[PR]
by tirinto | 2018-02-10 22:20 | 紅型教室レポート♪ | Comments(0)