創作柄帯のご紹介 その4
a0079315_20453569.jpg

「ゆびわ物語」
ん?どっかで聞いたことあるんちゃう?みたいな題ですが、、、。

沖縄の伝統的な銀細工・指輪をモチーフにした模様です。

この柄のメインの、チャラチャラしたのがいっぱいついてるモチーフ、これは房指輪というものです。
琉球時代、沖縄では結婚式のときにこの指輪をはめて嫁いだそう。
リングの部分を三連に重ねて指にはめ、手の甲に飾りを垂らして付けたそうです。
チャラチャラいっぱい付いてるから、あんまり家事できないよ~(させないでね~)、うちの娘を大事にしてね~という親の願いがこめられてるって聞いたことがあります。
あんまり説明がうまくなくてごめんなさいっ。

この房指輪の飾りは昔の沖縄の暮らしに根ざしたものです。
灯篭、魂を象徴するとされる蝶、衣服を表す芭蕉の葉、食べ物を表す魚、幸運のシンボル扇、魂を表す鳩、花。

それと、結び指輪という縁結びの指輪もモチーフにしています。

このふたつの銀細工が好きでどうしてもデザインしたく、この柄は初めての創作模様になりました。

うまく説明できないっと思いサイトを探したら、房指輪を作っているかたのサイトがありました。
こちらで詳しく紹介されていま~す。
[PR]
# by tirinto | 2007-01-25 22:19 | お誂え(帯) | Comments(0)
創作柄帯のご紹介 その3
a0079315_1835867.jpg

「子供の頃を思い出せば ~夏~」

こちらの柄は、小さかったころの夏の景色を思い出したものです。

小学校で育てた朝顔。
朝顔の花で色水作って遊んだり、種をいっぱい集めてみたり!
夏祭りの大好きな私は風船釣りがこれまた大好きでした。
そして、帽子のあごにかけるゴムが苦手で、ちゃんと被れなかった麦わら帽子。
背景に流れるのは夏の星空、天の川~。
「天の川ってどこにあるのよぉ~」と、友達と星空を見つめて探したり、、。

こんな記憶、思い出ってありませんか。

夏はいちばん好きな季節。
身が軽くて、汗いっぱいかいて、服も薄着で楽チンだし。
冬でも靴下を履かない私にはもってこいの季節です。
と、個人的に夏はイチオシなのです。
こちらの帯を麻生地に染めて夏着物に合わせても素敵ですー。
または、こちらを夏の小紋にしても素敵です。
[PR]
# by tirinto | 2007-01-24 20:22 | お誂え(帯) | Comments(0)
創作柄帯のご紹介 その2
a0079315_2222426.jpg
「桃の花ゆれる頃」
桃の花が満開のデザインです。
着物にすると、桃の花がゆれるように、枝ぶりも動きがあるデザインになってとても艶っぽい柄いきです。

この前こちらの柄を使って振袖を作ったのです、、。
小紋にもしたら素敵やろなぁ、、
銀糸の入った生地で袋帯にもいけるなぁ、、なんてつい想像が膨らみます。

こちらの制作等のお問い合わせは
picnic-81mako72@s3.dion.ne.jp
青山真子まで
[PR]
# by tirinto | 2007-01-23 13:03 | お誂え(帯) | Comments(0)
創作柄帯のご紹介
チリントゥがこれまで制作してきましたオリジナルデザインの帯地のご紹介です。

今までバラバラに作ってきたものを、一度サンプルとして全種類染め直してみました!

これまでに全10作品の創作柄がございますが、毎日ひとつずつご紹介しようと思います。

どれも帯、着物の柄となっています。

白地の状態ですが、これにお好きな地色を合わせてオーダーメイドでお作りいたします。

ホームページができるまでの間、こちらでご紹介させていただきますね。
すみませんが、お値段などはメールでお問い合わせください。
思ったより、お手頃かもしれませんので、どうぞお気軽に聞いてみてくださいね。
地色などのご相談も是非こちらまで。

picnic-81mako72@s3.dion.ne.jp
青山真子まで

a0079315_182594.jpg

「夏の匂いを残して、、、」

夏がまだ終わってほしくない、けれども暑さの中にも、秋のうろこ雲や道端に咲く葛の花、数珠草に秋の気配を感じずにはいられない。

そんな季節の移り変わりの切なさを染めています。

季節の移り変わりの微妙な変化を感じる、この感覚は日本人独特のものなのでしょうか、、。

こちらは、着物にも帯にも似合う柄です。
季節を感じながら着物を着る、なんてなんかいいなぁ、、という風流な柄域。
配色や地の色で、しっとりにもさわやかにもなるデザインです。
[PR]
# by tirinto | 2007-01-22 18:17 | お誂え(帯) | Comments(0)
昨日は大寒だったそうですね。

例年の大寒を思い返すと寒くて寒くてしょうがないっという記憶がありますが、この冬は本当に暖かいですね~。
それでも私はこの時期になると自宅のお風呂が寒いので、銭湯に行くのが最近の楽しみになっています。
市電がガタンゴトン通る音を聞いて昔ながらの銭湯の湯に浸かっていると、なんだかタイムスリップしてしまったよう。

さて今回、お客様から帯をご注文いただき、染めさせていただけることとなりました!

柄と地色を選んでいただいての初のご注文です。
ご夫妻で工房まで来てくださったのですが、とってもきれいな植物染料で染めた着物の反物を持ってきてくれました。

深い真っ赤の色無地なのですが、とても味わい深い色合い、、、。

手織りであるという紬地は染料に染められてツヤツヤと光っていて、反物のうちから存在感たっぷりの一枚でした。
この反物に合わせて、とのこと。

こんな気軽に引き受けてしまったけど、これってかなり重要なんでは!
けど、このお着物にしっくりくるような帯を染めてたい、、、。
着ていただける方が分かっているというのも、とても嬉しい。


なんだか、嬉しい。

やっぱり、作品止まりではなくて、着てくださる場面を想像したり使ってもらえるのを想像したりするから楽しいし嬉しいんだなぁ、、、と思います。

* * * * * * *

今回、チリントゥのホームページを見てくださりご連絡いただいたのですが、今まで帯を載せていたのも忘れていたくらいのなんとも申し訳ない状態のホームページでした。

ホームページってあんまり、、、と消極的な活動しかしていなかったのですが、助言もいただき「やってみるといろんな広がりがあっておもしろいよ」との一言にもう一度ちゃんとやってみようかな、、。

と、それエキスパートの友人に早速相談したところ、なんとも心強い、いえ、こっちが引いてしまうくらい意気込んでくれたので、もうこれはやるしかないだろうと腹をくくりました。
苦手分野克服!というもうひとつの目標ももって!

ということで、今年もどう進むか未知なことばかりではありますが、少しずつ進んでゆきたいと思います。

見にくい状態ではありますが、こちらのホームページの中の帯などのお問い合わせ、どうぞお気軽にしてくだいね。

お値段は紅型のイメージよりもお気軽なお値段ですので、気になった方はお値段だけのお問い合わせでも結構ですよ。

a0079315_1244550.jpg

チリントゥの人気柄のひとつ。「ゆびわ物語」名古屋帯
こんな柄をお手持ちのお着物の色に合わせて、地色もお選びいただけます。
[PR]
# by tirinto | 2007-01-21 13:05 | お知らせ | Comments(2)
あけましておめでとうございます!
新年あけましておめでとうございます!

お正月も終わって、新しい年の始まりですね。

年末からバタバタと帰省し、あっという間に新年も8日が過ぎて、すっかりこちらも日が空いてしまいました。

今年のお正月は地元で過ごすことができ、初詣も地元の神社にお参りに行きました。
子供の頃神輿を担いでのぼった石段を、ぽわーっと明かりがついた提灯に囲まれたなかゆっくり上がって、頂上の神社でパンパンッとお参り。

穏やかな参拝も、いいものですね。


さて、新年早々、これまた地元の着物ショーに出演してきました!

ありがたくも私は、自身が染めた着物と帯での出演でした。

一生に一度あるかないかのいい経験をさせていただきました。

本当に嬉しいことに、着物の評判も良く、主催の方やお客さんにも喜んでいただいて、これまで染めをやってこれて良かったなぁ、、幸せなことだよな、と素直に感じてしまいました。

a0079315_23201316.jpg

帯・扇太鼓という結び。
[PR]
# by tirinto | 2007-01-08 23:24 | お知らせ | Comments(2)
バッグ作り
a0079315_17165385.jpg

...マルシェバッグに柚子を入れて...

昨日22日は冬至でしたね。

昨日の朝、出掛けに戸を開けると、柚子が5コ、家の戸の下にチョコンと置いてありました。
お隣さんのお家の前にも、、、。

うちでは、よくあることなんです。野菜とか、柿1コとみかん1コとか。
まるで、笠地蔵かごんぎつねの世界のよう、、、。

これは実はお向かいに住む大家さんが置いていってくれているのです。
そのお陰で昨夜は柚子風呂に浸かって、ちゃんと冬至の夜を過ごせました。

もちろん、笠地蔵の話のように、私が何かしたわけではなくて、こっちが恩返しする側なんですが、すっかり甘えっぱなしです。


さてさて、バッグを、作ってみました。

前から染めた布を使ってやってみたかったのですが、とりあえず、本を見ながら麻布を切って、いくつか作ってみました。

こちらは全部サンプルですが、自分の頭の中のイメージを形に出してみました。

チリントゥの布を、もっと生かして、何か作りたい。
使っていただけて、楽しんでもらえるもの。

形にしたいものはバッグ以外にもいろいろありあます。
けれども、私の専門は染めるところまでなので、形にするにはひとりではなかなかできません。

そこから先は、イメージを伝えて、それぞれの専門の方にお任せできるようにしていきたいなぁと、思っています。
そうすることで、もっとクオリティーの高いものも作れる気がするし、チリントゥの染めは染め上がるまでがとても長い道のりなので、そこまでが精一杯でもあります。

もっと、イメージを具体化して、いいものを作ってみたいです。
誰かと一緒に何かを作り上げることができたら、最高ですよね。
是非やってみたいことのひとつです。

a0079315_17175496.jpg

手前の柄部分はポケットです。お買い物に、、。
a0079315_1718659.jpg

ペン刺し用のポケット。
[PR]
# by tirinto | 2006-12-23 21:23 | お知らせ | Comments(0)
出会い
今年も残すところあと2週間なんて早いですね。

けれど、今年はなんでこんなに暖かいのでしょうか、、。
私は今、ちょっとした理由で、窓を全開にしているのですが凍えるほどじゃない。
地球的にはちょっと心配です、、。

一年のうち、どれだけ新しい出会いはあるのか分かりませんが、私はおととい、出会い日、でした。
月に1回くらいはあるかもしれない、なんか刺激を受ける、人との出会い。

ちょっとした、ふらりと入った不動産屋さんの方の家についての(人生についての)語りとかだったり、物を作っているひととの出会いとか、、何か自分に活気を与えてくれる人との出会いです。

おとといは出会い日と同時にお隣さんのお引越しでお別れの日でもありましたが、チリントゥのストールをプレゼントしたら、とても喜んでくれ、これまでお隣で、この人で良かったなーという気持ちになりました。

そんな自分に活気を与えてくれるひとの出会いのおかげか、エネルギーが余って、前から塗り替えてみたかったテレビ台を突然塗ってしまったので、乾燥のため窓は全開なのですが、、。

人と出会うことでこれまで何度もいろんな世界を知れたり、助けてもらったり、エネルギーをもらったり、、、来年は今よりもっと友達を増やそう。
来年は、忙しいだけじゃなくて、もっと生活を、暮らしを楽しみたいと思います。
[PR]
# by tirinto | 2006-12-17 21:33 | チリントゥ日記 | Comments(0)
今年の漢字
昨日、ラジオを聴いていたら、今年の漢字は「命」なんだそうですね。

そうかぁ、、納得の一文字です。

ラジオでは、リスナーからその人自身にとっての今年の漢字を募集していたのですが、みんな様々です。

でも、その一文字から意外にずしっと伝わるものがあって興味深かったです。

私自身も、ちょっと振り返ってみました。

今年の漢字かぁ、、、私は、「知」です。
いろんなことを知った年でした。

昨年を言うなら「感」かな。

いろんなこととは、自分のこと、まわりのこと、自分がいる場所(世界)のこと、、、。
前向きにも後ろ向きにも捕らえることができる「知」だった気がします。

「知る」と慎重になって動けなくなったり、諦めてしまったり、逆にそれを経験として次に生かすことができるかもしれないし。

うーん、深いです、、、。

いずれにしても、まだまだそんなことを語るには早いっ!てな年齢でもありますので、これからもいろんなことを積み重ねてゆきたいと思います。
[PR]
# by tirinto | 2006-12-13 12:48 | チリントゥ日記 | Comments(2)
そろそろ今年も、、。
a0079315_14505484.jpgそろそろ今年も ”くつした” の時期です。

こちらは靴下形の麻巾着です。

Xmas のプレゼントを入れるのにいかがですか?
オーナメントとしてもかわいいですよ!

と、いいましても、あまり実用的ではないんです、、、。

大きさは タテ16cm×ヨコ8cm +つま先部分 (マチなし) *麻生地

携帯電話がすっぽりと入るくらいの大きさと考えていただいたら分かりやすいでしょうか。
アメチャンでしたらたくさん入ります。アクセサリーなどのプレゼント袋にもいいかもしれません。
けれど、形のしっかりあるものはちょっと難しいです、、。
自分でも、なんでもうちょっとそのあたり考えなかったのかなぁと反省しているのですが、

でも!とにかく楽しい巾着!!かわいいです。

入る入らないの問題ではない!女の子が持ってるこの気持ち!っというやつです。
昨年もなかなか好評のうちに販売が終わったこの巾着、今年も少しですが販売を致します。

a0079315_14513570.jpg
a0079315_14514818.jpg

こちら2つは木の部分が赤・緑の色違いになり、裏の柄は下の写真になります。(両面に柄がございます)


a0079315_14521796.jpg

こちらの柄についてはこの柄のみが片面に入った巾着もございます。(片面のみの柄)


今回は委託店などには出しておりませんので、もし、「ほしいな」という方がいらっしゃいましたら、直接メールにてご連絡下さいね。
 青山まで
[PR]
# by tirinto | 2006-12-06 20:14 | Comments(4)