夏帯オーダー承ります。
a0079315_23434557.jpg
今回、こちらの柄で夏帯のオーダー承ります

お色はある程度指定してお作りすることが可能となります。

素材: 上質な麻生地(滑らないので締めやすいです)

地色は麻生地の生成りの色を活かすため、麻生地そのままのお色となります。


ご注文をお受けしてからの制作となるため、ご注文から仕上がりまで約1ヶ月いただきます。


詳しくは
picnic-81mako72@s3.dion.ne.jp
青山真子 までお問い合わせ下さい。
[PR]
# by tirinto | 2006-06-28 23:46 | お誂え(帯) | Comments(0)
ギャラリー参加します!
a0079315_9191963.jpg6月29日(木)~7月4日(火)

10:00~19:00 【最終日は17:00まで】

静岡県呉服町2-2-4subway 2F

tel: 054-254-3571

ギャラリー ワタナベカメラにて


主催は私が普段商品を置いていただいている、文具屋 多治見さんです。

今回は多治見さんがお店で販売している作家さん達の作品をこちらのギャラリーで一同に展示、販売されます。

その中にチリントゥも参加させていただくこととなりました!

私は今回、絹ストールと麻巾着、テーブルセンターを出します。


明日、私も見に行ってきます。

素敵な作家さん達ばかりなので(多治見さんご夫妻もとても素敵な方なんです)、参加させてもらいながら、見に行くのとても楽しみです!

お近くにお住まいの方、ぜひぜひお立ち寄りください!

*おかげさまで無事終了いたしました。
[PR]
# by tirinto | 2006-06-28 09:19 | お知らせ | Comments(0)
口笛~
つい、何日か前、トップランナーに皆川明さんが出ていました。

普段は見たこともない番組なのですが、なぜか皆川さんは雑誌などで知っていて、テキスタイルデザイナーということにも興味をひかれて見ていました。

なんだか、これまでの私を覆すような言葉が皆川さんからポンポン飛び出して、へぇーと見入ってしまいました。

その中でも、残った言葉が

「口笛を吹きながら疾走する」

なるほどー!!

長く続けていくためにはそれくらいの心構えでいなくちゃな。

これまでの自分を振り返ったら、とても口笛なんて、、というキツキツ状態。

好きなことを長く続けていくための秘訣を教わった気がしました。

ま、本当のことを言うと、まずは私、口笛吹く練習からしなくちゃいけないんだけど、、。

でも、そんな気持ち、大切にしていこうと思います。
[PR]
# by tirinto | 2006-06-28 00:26 | チリントゥ日記 | Comments(2)
スツール
この、スツール、紅型をやるうえでかかせません!

相棒です。

染める工程では、反物を張っているところをスイスイと座りながら移動するのです。

去年の8月に、京都知恩寺の手づくり市で、椅子を作っている方にオーダーをしました。

もともと、キャスターは付いていないのですが、無理を言ってお願いし、こんなに素敵な椅子を作ってもらいました。

これがないうちは、ずっと立ちっぱなしの作業でしたので、本当に助かっています。

持ち手もあるので、狭い場所でも、ひょいっと持ち上げて移動できるので、本当便利。a0079315_23594421.jpg
[PR]
# by tirinto | 2006-06-28 00:00 | 道具たち | Comments(0)
名も知らぬ花
今朝、洗い上がった新しいデザイン。

名も知らぬ花

麻生地に染め上げて、この後、テーブルセンターに加工しました。

でも、、、本当はこうやって連続型をどーんと眺めているときがいちばん綺麗だと、思う。

デザインのきっかけは、友人がお家に遊びに来たときに飾っていた切り花を、この花かわいいねぇーと言ってくれたこと。

おっしゃ、かわいい花よ、デザインしてやろうじゃないか。と。

こんなちょっとしたきっかけが、ただ花屋さんで買ってきた花を愛着あるものにし、新しいデザインを生んでくれる。

テーブルセンターになって誰かの手に渡っても、買ってくださった方の生活にほんのちょっとa0079315_23491221.jpg華を添える存在になってくれたらいいなぁ、、。
[PR]
# by tirinto | 2006-06-27 23:50 | テキスタイルデザイン | Comments(0)
乳鉢4つ
紅型をするのにかかなせい道具たちを紹介したいと思います。

乳鉢

顔料をこの中に入れてよーく練ってから生地に擦り付けていきます。

顔料とは、天然の鉱物などからできたもので、紅型の特徴のひとつです。


色塗りの工程の日は、朝から乳鉢を抱えて色作りをします。

根気よく練って粒子を細かくしていくためです。

乳鉢を抱えながら、型を置いた生地とにらめっこして、どんな配色にしようかーとか、どんなピンクにしようかーとか考える時間でもあります。

色作りは朝、ここから始まるのです。
a0079315_2331429.jpg
[PR]
# by tirinto | 2006-06-27 23:28 | 道具たち | Comments(0)
ごあいさつ
はじめまして。

工房チリントゥです。

この度、やっとブログを開設いたしました。

お客様ともっとコミュニケーションがとれれば!
紅型の歴史背景やチリントゥの商品ができる裏側などをお伝えできれば!
と以前から思っていたのが、ようやく実現できそうです。

どうぞ、気軽にお付き合いくださいませ。






 
[PR]
# by tirinto | 2006-06-27 13:48 | ごあいさつ | Comments(2)