大阪でソーキそば
冬の天気の良い日は、雲ひとつなくて青空がすぱーんと開けて、、、
でも寒いですね。

スマホから投稿すると、写真はとっても大きく載るんですね。
久しぶりにパソコンから自分のブログを見てびっくりしました。

少し前になりますが、年越しのちょっと前あたりに、クール便で沖縄から素敵なものが届きました。

島ニンジン、かまぼこ、沖縄そばの生めん、そして手作りの品々!
ムーチー沢山!
ソーキに三枚肉もジップロックにいっぱい!

ムーチーはムーチーの日(今年は確か1月5日)に食べる月桃の葉に包んだお餅。
健やかな健康と長寿を願って食べる縁起物。
月桃の葉の匂いがお餅にうつって、何とも言えない美味しさ!
初めて食べた頃は苦手だったのに、今はこの匂いが好きですっかりムーチー好きに。

ソーキは豚のあばら骨部分のお肉。
三枚肉は豚バラのかたまりという感じのお肉。
どちらも煮込んで醤油などで味付けされたもの。

沖縄に住む恵さんの手作りの品々、絶品でした!

沖縄そばは大盛り3人前っていうことでしたが、どうみても6人前以上ありました。
さすが沖縄サイズ!
a0079315_13352997.jpg
鍋で湯がいて、かつおだしでとったお出汁に沖縄そばのそばつゆを入れて
そこに島ニンジンとソーキを添えて食べました。
大急ぎで作ったから、なんとも雑なのせ方になってしまった!
しかもネギなし!

けど、こんなに美味しい沖縄そばは、たぶん内地では食べれられない。
さっぱりとしてしつこくないので、沢山食べられるし、お肉も柔らかくて最高でした。

嬉しかった。

16年前沖縄でゴツゴツのあばら骨のソーキそばを初めて食べて美味しい!って思ったあの瞬間がよみがえってきました。


沖縄を感じた年の瀬でした。




[PR]
# by tirinto | 2017-01-25 13:44 | チリントゥ日記 | Comments(0)
近況
寒波がやってきましたね。
チリントゥ戸谷は、実家に遅めの里帰りをして
地元名古屋で朝の雪景色を見ました。
大阪では、積もった雪をこれまで見たことがなかったから、名古屋は大阪よりは寒いようです。

先日、たえ先生の近鉄文化サロンでの二回目の講座がありました。
ご受講頂いた皆様、お疲れ様でした。
次回の最終回は染めですね。
どうぞよろしくお願いします。

さて、娘は無事1カ月健診が終わり、元気に育ってくれています。
娘の誕生を祝って下さるまわりの方々の気持ちに、本当に感謝しかないです!
ありがとうございます!
a0079315_13035624.jpg
最近の変化というと
外見では
眉毛が分かるようになった
まつ毛が伸びた
目がしっかり開く
ムチムチしてきた、とく顔とお腹まわり

行動も、日々変化して
音に敏感になってオモチャの鈴の音を鳴らすと泣き止んだり、注目したり
光をまぶしがったり

顔の表情は
気持ちが良くないと眉間にシワを寄せてみたり
眠そうな時になるのか額にシワをいっぱい作ってお爺さんみたいな顔をしたり
寝ている時にふと笑っているように口をニッとさせたり
寝そうで寝ない時に薄眼を開けたり


仕事を始めたら、きっと小さな、様々な変化をこんなにゆっくり感じる時間は減ってしまうな
と思うと、今は思う存分見ていようと
そんな感じで一日が過ぎていっています。



私自身については、元気なつもりではいますが
検査が残っている為、経過を見つつ復帰の見通しを立てていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします。

[PR]
# by tirinto | 2017-01-18 10:05 | チリントゥ日記 | Comments(0)
本年もよろしくお願いします
あけましておめでとうございます。

昨年のうちに書きたかったのですが、年が明けてしまいました。

昨年は、本当にありがとうございました。

とくに教室の生徒さん方には、
いろいろとご配慮頂いたりありがとうございました。

昨春には生徒さんのご協力のおかげで素敵な教室作品展も開催することができました。

教室作品展の出品作品アルバムを作れないままになってしまったのだけがとても心残りです。
いつかまとめる時間がつくれたら制作したいと思います。

今年はしばらくは育児に専念し、また少しずつ再開に向けて進めたらと思います。

皆さまにとって素晴らしい一年となりますように。

工房チリントゥ
戸谷 真子

[PR]
# by tirinto | 2017-01-01 11:19 | チリントゥ日記 | Comments(0)
命に感謝
もう今年もあとわずかですね。

チリントゥ、戸谷は、出産を終え母子共に退院して家での一緒の生活が始まり二週間近くが経ちました。

出産を経験し、「母子共に無事です」
と報告できることはとてもありがたいことなんだって知りました。

出産前の二週間、妊娠高血圧腎症で入院したりはしましたが
自然分娩での出産で、無事娘が産まれてくれホッとしました。
元気な産ぶ声もあげてくれた娘。


ところが、出産直後の胎盤を出した後に
私は一度に2.3リットルもの出血をしてしまいました。
その夜だけで3リットルは出血があったそうで、立ち会ってくれていた主人はそれを見て本当に怖かったろうと思います。
大学病院だったこと、また輸血の保管場所から分娩室が近かったことから、
即輸血をしてもらうことができました。

外で待っていた母は、看護師さんが輸血の袋を持って分娩室へ走って向かうのを見たそうで、私のじゃないかと本当にハラハラしたそうです。

後から聞いたのですが、この時主人は、先生から
「奥さんの命、覚悟してください」
と言われていたそうです。
もし出血が止まらなければ、本当にそうなってもおかしくない状況でした。

そして、分娩室には一気に10人程の人が入って、処置をしてくれたそうです。
夜中にここまで人が即座に集まれたのも、大きな病院だったからだと思います。

主人は、父母に、
「これだけの人が手を尽くしてくれているから、もし真子に何かあっても、
それはしょうがない、できるだけのことはやってくれてるから」
と話したそうです。

子宮の収縮が悪かった為の出血で、先生が必死に子宮を収縮させようと頑張ってくれました。
点滴は6本入り、血液検査の注射が手に打てないので、足の甲から何度も採ろうとするのですが浮腫み過ぎてなかなか採れないような状況。

当の本人の私は、そんな大変な状況と分からず余裕で、相当な貧血なはずなのに意識もしっかりし、自分は大丈夫、と思っていました。
それよりも、産まれたばかりの赤ちゃんが元気かどうかばかりが気になってしまっていました。

その後出血がなんとか落ち着いた段階で、赤ちゃんと一緒に家族写真を撮りましょうと看護師さんにカメラで撮ってもらいました。

私は嬉しくてにっこり笑って写ったつもりだったのですが、点滴等と妊娠高血圧腎症の浮腫みもあり、顔がぱんぱんに腫れてしまっていました。
顔だけじゃなく、全身のものすごい浮腫みで、なんと娘を出産したのにも関わらず出産後の1日目の体重は出産前日より増えてしまっていました。

明け方になり、なんとか落ち着いたこともあり、主人は一旦家へ帰ることになりました。
前の日の朝から分娩室に付き添ってくれ、陣痛の時には呼吸も一緒にしてくれていて、やっと出産が終わったと思ったら緊急事態になり、本当にヘトヘトだったと思います。
外で待っていた両親も同じで精神的体力的にとても疲れさせてしまいました。

その後は回復も早く、まわりも少しは安心してくれたようで、良かったです。

大学病院は、御飯も病院食だし大部屋しかなかったり、殺風景だったりはしたけど、
先生、看護師さん方は皆いつも的確で私は安心して入院生活を送れたし、命を救われました。

いろいろあった出産で、娘も少しGCUに入ったり心配もありましたが、
今は元気いっぱいすくすく育ってくれています。
毎日変わっていく表情や仕草や顔のふっくら具合、目の開き具合…
そんなのを見ていられる一緒の生活が幸せです。


出産は何が起こるか分からない、というのを身をもって体験した今回でした。
友人の「命に感謝だね」という言葉がとっても重く響いています。

家族からは、私はいろんなこと軽く考えがち!
と怒られたり心配されたりしていますが、
私なりに重く受け止めているのですよ。

心配かけた家族のみんな、ありがとう。

[PR]
# by tirinto | 2016-12-29 11:22 | チリントゥ日記 | Comments(0)
出産のご報告
ご報告が遅くなりましたが、
12月9日の午前1時53分に
2656グラムの元気な女の子を
出産しました!

ご心配やお気遣い頂いた皆様、本当にありがとうございました。

出産後、いろいろあり
今日のご報告となってしまいました。

出産は大変でしたが、産まれた瞬間と
産まれた赤ちゃんを胸元に持ってきてもらい
抱っこできた時はとても嬉しく感動しました。
a0079315_10143200.jpg

今日は、近鉄阿倍野文化サロンでの講座がスタートの日です。
たえ先生の講座も始まり楽しみです。
ご参加頂く方々、3カ月の講座ですが
どうぞ最後までよろしくお願い致します。
私も最後の講座には顔を出せたら…
と思っています。

それでは取り急ぎご報告まで。
またゆっくりブログも更新できたらと思います。

[PR]
# by tirinto | 2016-12-14 10:00 | チリントゥ日記 | Comments(2)
鼓動
心拍をさっきまで測っていました。

看護師さんが、私が見れる位置に機械を置いてくれたので、30分くらいの間ずっとお腹の子どもの心拍数を見ていました。

最初心拍数が高くて、おやっ高い?と思っていたら、
運動していると心拍数は上がるんだそうで、
本当にその通り、
動きがあるときは160台になり
静かなときは130台になったりも。

30分も横になってモニターを見ていたら
さすがに暇で
初期の頃、初めて心拍を確認したときのことを思い出してしまいました。

本当にあれから、ずっとこの鼓動を動かして
お腹で育ってくれてたんだと思ったら
涙が出そうになってしまいました。

思えばちょうど一年前の今頃、
私と主人は悲しみの中にいて
毎日ふとした瞬間に涙が出ては
どうしたら立ち直れるか元気になれるのか
分からないでいました。

ずっと支えてくれた主人には
いちばんに感謝しています。

そして気遣って下さるまわりの方々にも
本当にありがとうございます。

出産までもう少しです。

今日は朝からセンチメンタルな気分になってしまいました。
a0079315_11383558.jpg

[PR]
# by tirinto | 2016-11-27 11:09 | チリントゥ日記 | Comments(0)
近鉄文化サロン満員御礼!
ありがとうございます、12月スタートの近鉄文化サロンの講座が満員御礼という連絡を頂きました。

たえ先生が講師を務めます。

a0079315_17374473.jpg
昨夜、満員御礼の連絡をもらってから、
それまでの妊婦モードから俄然仕事モードに切り替わってしまい、夜中だというのに眠れませんでした。(正確に言うと仮眠した後眠れなくなったのですが笑)

たえ先生がこの近鉄文化サロンで講師デビューする瞬間、近くでアシストなり見守るなりしたい。
けれど、その頃はきっと出産の時期。

申し込みをして下さった10名の方が、
「この講座を選んで良かった」と思ってもらえるような時間にしたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします!

[PR]
# by tirinto | 2016-11-20 17:08 | お知らせ | Comments(0)
落ち着く
近鉄文化サロンの講座には、早速何名様かのお申込みを頂いたということで
本当にありがとうございます。

急に寒さが増してきましたが、
みなさま、風邪などひかないように気をつけてくださいね。

チリントゥは二件の引っ越し疲れが出たのか先週末久しぶりに本格的な風邪らしい症状がでて
自分でもびっくりしましたが、今はもうすっかりよくなりました。

移転した工房もだいぶ中身が落ち着いて、あとはカーテンなどを整えたりすれば
ひとまずは見通しがたってきました。

やっぱりお洒落な雰囲気に・・・とは縁遠いけど、工房としての機能はバッチリ果たしてくれそうです。


妊娠期間も、9ヶ月を迎えています。

8ヶ月の終わりから、お腹が急に重く感じるようになって
今まで快適に動けていたのが、重くて動きづらくなってきました。

電車での一人での遠出は無理そうで、結局会いたい人に会おう作戦は
志半ばで断念。

でも今はその重さにも慣れて、のっしのっしという感じらしいですけど
近場で移動できる範囲で、なかなか楽しく過ごせています。

出産を終えて一年や半年の先輩の方々から、
「今のうちにこれをやっておくと良いよ」
とか
「産まれたら温かいお蕎麦やうどんが食べれなくなるから今のうちだよ」
など
いろいろ教えてもらうのですが

私の楽観的な性格なのか、実感がわかないのか
そうなったらそうなったとき。と思ってしまうほうで。

ただ、旦那さんにはしばらく手間のかかったご飯は作れないかもしれないと思い
出産までに食べたいものをリクエストしてもらいました。
a0079315_2256956.jpg

で、出たのがデカいハンバーグ。というリクエストで。

そんなことを何気なく考えたりして、また日常が戻ってきたと実感。

とりあえず、あと広島焼きと春巻きと唐揚げと・・・

全部作れるかなぁ。
[PR]
# by tirinto | 2016-11-10 23:05 | チリントゥ日記 | Comments(0)
近鉄文化サロン阿倍野での講座、募集開始!
お知らせがいろいろ重なっております。
a0079315_16425969.jpg

チリントゥホームページの「紅型教室」で以前から告知しておりました
『近鉄文化サロン阿倍野』での講座のご案内です!

募集が開始されましたので、ここで詳しくご案内申し上げます。(画像はチラシより一部抜粋)
a0079315_17383656.jpg

【桃の節句の時期に合わせてお雛様タペストリーを染め上げませんか♪】
*写真のような飾り棒も付属しますので、出来上がり後すぐ飾って頂けます

◎初めての方でも大丈夫、3回完結型の講座です◎

チリントゥ戸谷が産休のため、スタッフとして手伝ってもらってきた たえ先生が今講座を受け持ちます!
現在たえ先生はこの講座に向けて練習を重ねて準備してきており、
また私も本作品のデザインについてはもちろん、教本や講座内容について監修という立場でサポート側にまわり参加しております。
a0079315_16464825.jpg

(練習中のたえ先生)

【『近鉄文化サロン阿倍野』での講座としては数少ない入会金不要の講座】
近鉄文化サロンは初めてだけど参加してみたい!という方にとてもご参加頂きやすい講座となっていると思います。

以下をご覧の上、『興味あるよ!そしてさらにこの3回なら都合つくよ!』という方がいらっしゃいましたら
是非ぜひお申込みください♪

『近鉄文化サロン阿倍野』ホームページ

3回の受講でお雛様のタペストリーが出来上がるとってもお得な講座。
◆まずは柄についてのご紹介。
a0079315_17434210.jpg

お内裏様とお雛様の柄に、橘の花と桜の花を両側に添えています。
下段には、麻の葉模様を染めています。
お雛様に橘と桜はお決まりですね。
麻の葉模様にはこんな意味があるそうですよ。

◎麻の葉模様について(http://kimono-story.com/416.htmlより一部引用)
麻の葉の文様は、すでに平安時代からあったようです。
その成長ぶりは4か月で4メートルにもなるといい、手間をあまりかけなくても大きく育つこと、麻の葉模様そのものに邪気をはらう力があるとされたため、魔除けの意味もありました。
そのため、赤ちゃんの成長と魔除けの意味を込め、産着の模様に麻の葉模様はよく用いられました。
また、子供の着物にも同じく健康ですくすく育つようにとの願いを込めて、頻繁に用いられる柄でした。

縁起の良い柄で桃の節句をお祝いしたいという思いから出来上がった柄です。

◆では次に大まかな講座の流れをご紹介します。

12月14日(水) 
① 紅型の紹介の後、デザインカッターと専用の下敷きを使って型紙を彫ります。
なるべくカンタンに。
でも彫りがいのある柄に仕上げています!
a0079315_16435927.jpg


1月11日(水) 
② 糊を使い布に型を写す型置きをします。
ご自身で彫った型紙で型置きするときはドキドキです!
a0079315_1645567.jpg


2月8日(水)  
③ いよいよこの回で布を染めます!
彩り豊かにお雛様を染めて楽しんでくださいね。
a0079315_1646954.jpg

染めた布は一旦こちらでお預かりし洗いをして
完成作品を2月17日(金)以降にお渡しするという流れです。
飾り棒も一緒にお渡ししますので、すぐにご自宅で飾って頂けます。
【大きさ 横幅40㎝×縦約30㎝(布の大きさです)】


『~沖縄の染めもの~ 型彫りからしよう!初めての紅型』
日にち:12月14日(水)・1月11日(水)・2月8日(水) 3回とも参加必須
場所:近鉄文化サロン阿倍野
時間:13:00~15:30
内容:お雛様タペストリーを型紙から制作し染め上げます
価格:¥16,848-(材料費込み)
* 入会金不要で受講頂けます。

催行人数:5名以上
作品お渡し予定日:2月17日(金)文化サロン受付にてお渡し

『近鉄文化サロン阿倍野』ホームページ

沢山の方のご参加を心よりお待ちしております!


講座内容についてのご質問などはチリントゥでもお受けできますので
チリントゥホームページの「お問い合わせ」よりお気軽にお尋ねくださいませ。
a0079315_1734293.jpg

[PR]
# by tirinto | 2016-11-07 17:39 | お知らせ | Comments(0)
工房移転とメール再開のお知らせ
この一週間で随分と季節が進みましたね。
前回の記事では半分愚痴のようになってしまいました。
ごめんなさい。
私チリントゥも元気に元通りになり過ごしております。

お知らせがいろいろとありますので、またブログも更新していきます!
どうぞ御付き合いくださいませ。


【長らく休止状態でしたメールでの対応が再開できるようになりました。】

ご質問、お問い合わせ等ございましたら、
チリントゥホームページの「お問い合わせ」よりご連絡くださいませ。
http://tirinto.com/

どうぞよろしくお願い致します。


また、先週日曜日に工房の引っ越しが無事終わりました。
すでにチリントゥホームページでは移転先の住所を掲載しておりますが、
春先までは引き続きお休みを頂くことを予定しております。

こちらについてもどうぞよろしくお願い致します。
a0079315_15172713.jpg

引っ越し後、ガランと空いた場所を見て
こんな小さな場所だったんだ、とあらためて実感しました。

せまいスペースに関わらず、沢山の方が教室に来てくださり
様々なご縁を頂いた4年間だったことに
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。


*****************
『これまでの移転を振り返り・・・』

京都でチリントゥの活動を始めてから思わぬ形で工房を移転すること
今回で3回目、4つ目の場所へ移転となります。

最初は京都嵐山の近くのアパートで(ちょうどこのブログを始めた頃です)制作のみをしていました。
目の前が畑で、初秋には稲の実る匂いがするような場所。
冬至には大家さんがこっそり各部屋の前へ柚子を置いてくれるようなアパート。
パート先で制作した品物を置いてもらったり、手づくり市に出したりもしましたが、
もう諦めたほうが良いかもと思い詰めていたとき、初めて問屋さんから仕事をもらい、
個人のお客様からも帯の注文をもらったのがこの場所でした。

【その後一度目の移転】

京都西陣の端の方へ。
偶然入った不動産屋さんで見つけた掘り出し物の物件でした。
1階はガラス戸、2階は細長く反物が張れる場所があり、水場も十分な広さが取れて
古かったけれど最高の場所でした。

この場所では制作をメインに、精神・体力の試練の中、全力で頑張れた約6年間でした。
帯・着物・がまぐち、本当に良く染めました。
雑誌に取り上げて頂いたりテレビの取材に来て頂いたり
お店スペースもあったことから個人のお客様にも沢山来て頂きました。

途中から教室も始めるようになり、最後のほうではアシスタントさんに手伝ってもらったりと
今につながる部分ができてきました。

【二度目の移転】

結婚後大阪府豊中市へ自宅が移ったことから、2年間の京都通勤を経て
工房も自宅近くへ移転することに。

場所を決めたのは駅から近いことと、私ひとりコツコツ染めるには十分な広さだと思ったからでした。
まさかこんなにも教室に多くの方が来てくださることになるとは思いもしませんでした。
看板も何もないような場所でしたが、テレビ等にもご縁を頂き、教室をメインとしての活動をさせて頂きました。
京都時代から通ってくださった生徒さんを含め、紅型好き沖縄好きの方に囲まれて幸せな4年間でした。

この期間、テレビの取材で沖縄のお師匠さんに会いに行くこともできましたし、10周年の記念個展も開け、
今年に入ってからは素敵な教室作品展も開催することができました。

本当に本当にありがとうございました。


さて、三度目の移転の今回はどんな場所になるのでしょうか。

荷物も少しずつ片付いてきておりますが、前回よりも広く
反物を張れる場所も2ヶ所から3ヶ所へと増えました。

私としては、これまで教室をしていてご不便をおかけしていたことを改善したいというのが一番にあります。

例えば、
・型置きする人と反物を張る人が同時に作業できない
・本などをゆっくり見てもらえる場所がない
・天然顔料の色作りをゆっくりやってもらえるスペースがない
・洗いの人と型置きの人が重なると大変
・生徒さんの荷物置きスペースがない

などなど挙げればキリがないのですが
それを改善していけるような場所にできたらと思っています。

どうぞ移転後のチリントゥもよろしくお願い致します。
[PR]
# by tirinto | 2016-11-07 15:28 | お知らせ | Comments(0)