紅型の刷り込み筆
紅型の道具は染める人自ら作る
手作りのものが何種類かあります。

その一つがこの刷り込み筆!

人毛を使い、竹を切って削ってつくります。
a0079315_20342242.jpg

(写真のは出来たてのもの)

道具はとーっても大切。

出来上がりを左右する。

大切な道具は、愛情込めて使うので10年でも平気でもちます。

お師匠さんが大切に使っていたから、自分にも染み着いています。


教室でも本格的にしている方は最近はこの筆を使っています。


前にも書いたけれどこの染色業界、
道具を作れる方がとても減っているし高齢化している。

この先、10年20年先はどうなっているんだろう。。。


ところで今日、紅型で使う型紙の注文の電話をしました。

いつも電話に出られるのは85歳になる方。

毎回注文のやりとり、お互いに必死!

私はなんとかして住所と名前と電話番号を伝えたいし、
電話の向こう側では、なんとかそれをメモしようとされている。

最後はお互いに笑ってしまいました。

お顔も拝見したことない方だけど、お元気でいてもらいたい。
[PR]
by tirinto | 2014-02-07 20:44 | 道具たち | Comments(0)
<< ドレスが染め上がりました 節分 >>