つくしのお干菓子
珍しいものを頂きました。

つくしのお干菓子。
a0079315_10345127.jpg

旦那さんの同級生のお母さんの手作り!

生まれて始めてみるお菓子にびっくり!

今の季節にお茶のお菓子として出されるそうで、作り方も教えて頂きました。

つくしを摘み取ってきたら、はかまをとって、水に晒しあくをとり、煮だしてさらにあくをぬく。
・・・とここまではお料理に使うときと一緒のよう。

その後何日も乾燥させて途中グラニュー糖をまぶすのだそう。

一部抜けているところもあるかもしれません・・・が、おおまかな流れはこのような感じだとおもいます。

お抹茶と一緒に、少し頂きました。
ポリポリして美味しかったです。
何より見た目がかわいい。
春満開な気分になりました♪

そして、このお菓子を頂いてきた夜は、家でもつくしの卵とじ!!!
ナント、かぶりました(笑)
a0079315_1037037.jpg

こちらは母がつくしを採ってきてから冷凍してくれたものを解凍して料理したのでした。
子供の頃はときどき作ってくれて、嬉しかったものです。
はかまをとると、爪が真っ黒になったのもいい思い出!

久しぶりに記憶をたどり作ったら、汁が多くなってしまった~。
もっと卵が多かったような気もする~~。

けど、何よりつくしの味がして懐かしくて、たくさん食べちゃいました。

うふふ、春のゼイタク、幸せ~♪
[PR]
by tirinto | 2014-04-14 15:13 | チリントゥ日記 | Comments(0)
<< 初級Bの方の作品完成! 紗張りと染めの一日(教室) >>