角帯と日傘、そして八掛へ…
個展に展示するもの、少しずつ出来上がってきています。
a0079315_18524612.jpg
ずーっと挑戦したくて、挑戦しきれなかった
男性の帯の角帯を今回やっと染め上げることができました。

新しいことをするには、仕立て方や生地のサイズなど事前に調べたり聞いたりしたりの準備が肝心だし、これが結構タイヘンでもあるんです。
が…今回はいつも親切に教えてくれる仕立て屋さんのおかげで準備もスムーズ。
迷うことなく、イメージ通りに染め上がりました。

これまでにない紅型に挑戦するということもコンセプトにあり、生地もグレーグラデーションの銀糸が入ったものを使っています。

また仕立て上がりましたら、是非掲載させて頂きます。
a0079315_18545221.jpg
そして、こちらは日傘になる布です。
夏らしい涼しげな仕上がりになりそうです。
a0079315_18551822.jpg
こちらの型紙は、なんと八掛の柄。
八掛というのは、着物の裏の裾や袖口に使われてる布のことです。
歩いたりすると意外と八掛って目立ちますし、今回はあえてそこを楽しもうという企画です。
企画といっても、チリントゥ一人の企画なのですけどね(笑)
まだ彫り途中ですが、沖縄の進みつぎ船をモチーフに取り入れています。

この柄になったのにも、長いお話がありまして…
また、ゆっくりご紹介させて頂きます!

このほか扇子なども続々染め上がってきております。
最近は染めるばかりの毎日ですが、ほんとはもっと作品についてなどお伝えしたいこともいっぱいなんです。
また次回をお楽しみに(笑)

[PR]
by tirinto | 2015-03-10 18:37 | 作る途中のこと | Comments(0)
<< 週末の教室レポ 今週の金曜日、教室レポ >>