制作の再開に向けて
今日はお正月のタペストリーのワークショップの
準備をしていました。

今週金曜日、わくわくです!

今年も多くの方にご参加頂けたらと思っております。
御予約頂いている方々、お待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・
チリントゥの戸谷、先月くらいから動き出していることがあります。
それはチリントゥとしての活動を見直し、
定期的な制作を開始する為です。

きっかけを頂いたのは、実は夏のイベント前後のこと。

長年の、もう10年くらいお付き合いさせて頂いているお客様からの商品のお問い合わせでした。

私自身は、妊娠前、産休、産後、と
ここ数年は教室以外の仕事に関してぼちぼちの状態でした。
商品について、たぶん一番多く制作し催事等忙しく動き回っていたのは10年前から6年前頃。
チリントゥのファンであったお客様に手伝って頂き、ネットショップもしていました。

その当時、作っても作っても、売れているのに実際には利益が上がっていないということが起こっていました。

紅型の染めは、とても手間がかかるもの。

一人で染める量として、帯は月に3本が限界。

小物とて、同じ工程をふむので
手間は変わりません。

けれど、小物になると
帯と同じような値付けをしたら
とんでもなく高い値段になるため
価格を抑えていました。

私の苦手分野である利益を直視せずに
作りたいものを作っていました。

そうなるとやはり苦しい。
小売店さんやお客様に買って頂き嬉しいのですが
運営として間違っていました。

京都にいた時は、それでも工房の一階に店舗があったので
直販できたことでなんとか成り立っていました。

そんなこともあって、直販できる店舗がなくなった大阪に工房が移ったこと
看板商品だったがまぐちが、仕立て屋さんから下請け業務をやめたいと言われたこと、
この二つが重なり
定期的な小物の制作をやめました。

以降、今まで個展や催事の時だけちょこちょこ作って販売していました。

a0079315_21130029.jpeg

そんな長い前置きがあり、今年2018年の夏のイベントの後。

長年のお客様からのお問い合わせ。

イベントの為に作っていた小物が数点残っているだけで、お客様に選んで頂ける程種類はありませんでした。

この時、お客様に
またいつ作りますか?
いつ出来上がってきますか?
と質問され、うーん、とはっきりお返事出来ませんでした?

嬉しいのに、実は小物は作っても苦しくなるだけでイベントの時限定で作っています、とは言えませんでした。
待っていてくださる気持ちに、応えられないのが申し訳ありませんでした。

それとは別に、夏のイベントの時に古くからのお客様が
チリントゥのものを使っていてくださったり、
またバックや扇子等をお買い求め頂いたり
本当に有難い気持ちでした。

a0079315_21150247.jpeg

これら二つのことがおそらく大きなきっかけとなり

小物作りを再開してみようと思うようになりました。

それまでは、手伝ってくれている生徒さんからも
販売したら、というようなことを言ってもらっても

いやいや、もうしんどいので。
もう懲りました。
とまで言っていました。

それほど、本当に手作りの物で商品を作り販売しつづけるのは大変なことと身に染みて分かっています。


だから、再開してみようと考えた今、
次はしっかり土台から作るつもりです。


継続するために利益にも目を背けずに
ちゃんと向き合って商品作りをしたいと思います。

価格は、ちゃんと向き合うと
本当に高くなってしまいます。

また時代の流れから、以前よりも仕立て代も生地代も上がっています。

制作から販売まですべてできるのか
時代の変化が大きい今、受け入れられるのか
分かりませんが
もう一度チャレンジしてみたいと思います。

このきっかけを下さったお客様に感謝です。


この3週間くらいは、
商品展開について考えたり、新しいパンフレット作りや打ち合わせや、この時期らしく風邪もひいたりで
いろいろと大忙しです。

がんばります。

[PR]
by tirinto | 2018-11-20 22:46 | チリントゥ日記 | Comments(0)
<< ある日の教室の様子 生徒さん完成作品と教室レポ >>