終わりから始まりへ。

今日は年内最後の染めをしていました。


娘の保育園は今日まで。


私も仕事納めです。



a0079315_15294239.jpeg

一昨日と昨日は工房の棚卸し、整理整頓。


予想はしていたけど、あっという間の12月。


今年は、本当にいろんなことがあったなぁ。




夏の一大イベントまでの道のり。


2日の普段の教室も、今年も様々な作品がうまれて生徒さんと会えるのが楽しかったなぁ。




これだけでも盛りだくさんなのに


ワークショップもいろいろ開催し、


近鉄の文化サロン講座もあり、




そして


来年に向けた計画と始動。




自分ひとりではここまで絶対来れなかったです。


挫折し、諦めてたと思います。


だから振り返ると、すごいなと自分でも思うけど、そうじゃなかったんだなぁと。



ひとりでやる染めの仕事に慣れて、私はこれが向いてる。


むしろ、人と関わるのは難しい。


って思ってきたけど


気が付いたら


いろんな方々にチリントゥに関わって頂き


支えてもらっています。




生徒さんやスタッフ、


それから昔からのお客様。


イベントに参加するよ、って連絡くれた方。


影ながら応援してくれている方。




また、このエネルギーをくれている人物、娘。



教室のある、絶対抜けられない日は、


内心いつも娘の体調にひやひやしながら


仕事に行っていました。


娘が元気に過ごしてくれたおかげで、


大きな穴をあけることなく一年終えられました。


もちろん、スタッフに支えてもらった面も大きく、フォローしてもらってきました。




話は飛びますが


今年9月、工房チリントゥの理念を作りました。


13年目にしてやっと、、、笑




紅型の技法を継承していく一人として、責任をもつ。



チリントゥの商品を手にとる、使う、また体験するすべての人にとって、やすらげる物・居場所であるように。




この2つなのです。




来年は新しいことを始めますが


この2つを大切にしていくことを忘れないようにしたい。






私が沖縄で紅型をしていた時、


知念びんがた工房は


私にとってやすらげる場所でした。


居場所でした。


いていいんだ、と思えた受け入れてくれた場所。




そんなふうにチリントゥがなれれば良いなと思います。




関わって下さるすべての人に感謝です。




来年もよろしくお願いいたします。


工房チリントゥ

戸谷まこ


by tirinto | 2018-12-27 15:26 | チリントゥ日記 | Comments(0)
<< 謹賀新年 キッズラインに向けて >>