人気ブログランキング |
カテゴリ:作る途中のこと( 116 )
制作過程を追ってみた
こんにちは工房チリントゥ代表の戸谷です。

最近制作した作品2つ、制作過程をまとめてみました。
順番は
左列上から下→中列上から下→右列上から下
です。

最初はこちら
紅型の古典柄。
イナズマ模様に梅や菊、牡丹の花がかわいいです

制作過程を追ってみた_a0079315_22140359.jpeg


・見本にした古典柄の写真

制作過程を追ってみた_a0079315_22224275.jpeg


・染め上がった反物
制作過程を追ってみた_a0079315_22164307.jpeg



続いてこちらは、昨年のフランス出展からうまれた柄。

題名をつけるとしたら
『思い出はパリに息づく和と共に』かな?汗
少しまだ考え中です。

「日本文化を紹介するイベントだったこともあり
パリの人々に日本の模様や文化も浸透していることに
驚いたことと、セーヌ川が印象的だったこと、
エッフェル塔の建築が美しくて見惚れたこと
そんな記憶をデザインに閉じ込めました。」


・型紙が出来上がる過程

制作過程を追ってみた_a0079315_22142874.jpeg


・染め上がる過程

制作過程を追ってみた_a0079315_22144983.jpeg


制作過程を追ってみた_a0079315_22305088.jpeg

紅型のせいさく過程、工程どうですか?
何度繰り返しても発見があり反省があり
楽しみがあり!

楽しい、なんかわくわくする、不安にもなる、
でも最後洗い上がるとホッとする

魅力的な染め物です♡


by tirinto | 2020-04-11 22:11 | 作る途中のこと | Comments(0)
垂れ幕制作開始!!

チリントゥでは先週から大きな作品の制作が始まりました!

垂れ幕制作開始!!_a0079315_07243302.jpeg


垂れ幕制作開始!!_a0079315_07320690.jpeg


ずっと描いて見たかった琉球時代の進貢船が大海原を渡る様子。


下絵に沿って糊で線を描く「筒描き」という技法で、垂れ幕を制作しています。


垂れ幕制作開始!!_a0079315_07313060.jpeg


船には、その当時乗せていたと言われるものを描きました。


・献上品や貿易品となるもの

夜光貝、サンゴ、馬、漆の器、織物の反物、

日本刀、扇子など。


垂れ幕制作開始!!_a0079315_07252161.jpeg

那覇港から出発した船が北極星を目印に、中国を目指して進む様子を描いたものです。



今でこそ詳しくなりましたが

沖縄での修行当時二十歳の私には、

師匠から琉球時代の那覇港の様子の絵を

見せてもらっても

チンプンカンプンでした。



かつて様々な国の人々が来琉し

また船で遠い国へ出向き貿易し、

今まで言う国際都市として賑わっていた時代があったこと、


それにより様々な文化が入り込み、


紅型も技法や模様に影響を受けていることを師匠は伝えたかったのだと思います。




垂れ幕は、色を入れたカラフルな仕上がりになります!


垂れ幕制作開始!!_a0079315_07253495.jpeg


現在フェイスブックにて、制作過程をリアルタイムでご紹介しています。


チリントゥフェイスブックのページに

「いいね」を押して頂けるとありがたいです。


https://www.facebook.com/tirinto/



◇下記はこの垂れ幕を展示するイベントについてのご案内です

・=・・=・・=・・=・・=・・=・


7月28日(土)「沖縄を聴く・見る・食べる」


~チリントゥ紅型教室開講10周年記念~




沖縄・琉球を五感で楽しむひと時を。




沖縄から新進気鋭の琉球歴史研究家をお招きした講演会をメインに、珍しい祝い料理・踊りや三線で沖縄・琉球の文化を感じる体験する一日。




またチリントゥ作品の展示販売もございます。




当日のプログラムも決まってきました!



是非多くの方にご参加頂けたらと思います。

また随時ご案内していきます。


どうぞよろしくお願いします。



「生徒さんにお知らせ」

サポーター大募集!!


・垂れ幕制作を手伝ってくれる方


・イベント当日の受け付け等を手伝ってくれる方


上の二つのことをやってもいいよ、という方がいましたら

是非戸谷までご連絡ください!


どうぞよろしくお願いします。



by tirinto | 2018-06-03 07:16 | 作る途中のこと | Comments(0)
おひな祭りの着物
先日は桃の節句、おひな祭りでしたね。

チリントゥでは3日は教室だったり他にも用事があったので、翌日におひな祭りをしましたよ♪

昨年はまだ娘が小さかったので、
今年に初節句のお祝いをしました。

娘には今年に入ってから染めた
一つ身の着物を着てもらいました♪
おひな祭りの着物_a0079315_14143424.jpg

少し前にお仕立てが出来上がり、ぎりぎり間に合わせて頂きました。

ちゃんちゃんこと着物の二つ作りましたよ♪

おひな祭りの着物_a0079315_14145194.jpg

一月に自宅で染めていた時は
まだつかまり立ちもしなかったので、
おもちゃや本箱をひっくり返して遊んでくれてる時や
寝ている時にスキをみては染めていました。

おひな祭りの着物_a0079315_14175566.jpg
思い返せば、自分の休む時間はなくて大変でしたが、染めて良かったです。

おひな祭りの着物_a0079315_14193322.jpg

これで一つ身の染め方を教える時にも自信持てますしね!
三つ身や四つ身はこれまでもありましたが
一つ身は初めてでした。
おひな祭りの着物_a0079315_14210514.jpg

子どもの仕立て方にこんなに種類があるのかと知ったのは
生徒さんに教えるようになってからで
いろいろ勉強してきました。

例えば、子供はお腹が出てるから、
たいおくみ、といって
衽を少しカーブさせて仕立てるとか
面白いなぁと、ちゃんと考えられてるなぁと
思いました。

子供物でも、八掛と胴裏はいるし。
今回の八掛は、ちゃんちゃんこと共色にして
自分で染めました。
おひな祭りの着物_a0079315_14220494.jpg
着物もちゃんちゃんこも、まだ余裕があるので
来年まで、お正月などにもまだまだ着れそうです。
おひな祭りの着物_a0079315_14223587.jpg

それにしても、このサイズなのに
一着分で4メートル弱あるんですよ。

沢山着てもらわねば^_^
おひな祭りの着物_a0079315_14412920.jpg

娘の健やかな成長を願っての
初節句でした。

by tirinto | 2018-03-06 13:56 | 作る途中のこと | Comments(0)
秋講座の型紙、完成
昨日は紗張りをしました。
秋講座の型紙、完成_a0079315_20342857.jpg
一枚だけ、もったいないですが、急いでいるので紗張りをしました。

講座では、一部の彫りもして頂くので、
初めての方でも難しくないように、けれど見栄えがするような柄、、、
ということを考えて彫りをしています。

カンタンで見栄えがするというのは、とても難しい。


秋講座の型紙、完成_a0079315_20350344.jpg
さて、今週はいつも手伝ってくれている生徒さんと顔料のミニボトルも補充しました。

11色、揃いました!
お家で染める時に使って頂けるものです。

教室でご購入頂けます。

こんな教室の準備や工房でなければできない仕事の時には娘を連れて。

何度か行くうちに、娘も工房にだいぶ慣れてきました。
そして、おんぶができるようになったことが
すごく大きいです。

仕事が、進みます。

おんぶをしていると寝てしまいます。
秋講座の型紙、完成_a0079315_20361183.jpg

仕事場に付き合ってくれた後は、遊んだり絵本を読んだり。
けどまだ訳もなく泣くこと(いや本人は何か訴えたいのだろうけど私が理解できてない)も多いから、起きてる時は抱っこしている時間がいちばん長いのかもしれない。

娘、ゲンコツ山のタヌキさんのような日々です。
気がつけばもう生後半年になろうとしています。


by tirinto | 2017-06-04 11:55 | 作る途中のこと | Comments(0)
秋の講座準備
先日、高校時代の友人とメールをしていて、友人がお茶目な写真を送ってくれたので、私はそれに応えるつもりで自分の変顔写真を送ってみたのです。

気を許している友人だからできることなのですが、笑ってくれるかと思いきや
その写真に対して真面目に
「その表情ちょいちょいするやつですな〜♪」
とコメントが返ってきたのです。

えっえー??

いや、それって作ったつもりの変顔を、私は無意識にちょいちょいしてるってことー?

いやぁ、なんとなく、へこみました。

自分のことって分からないものだ…

と、どうでも良い話をしてしまいました。

今週は、デザインと型彫りをひたすらやっていました。

もちろん娘、まだ5カ月なので、合間合間にということですが。

秋から始まる近鉄文化サロンの講座をお引き受けし、そのサンプルをあと二週間後までに提出しないといけないのです。
10月11月12月の講座なので、お正月に向けた柄にすることにしました。
秋の講座準備_a0079315_21405614.jpg
お正月、、、!
今この時期にお正月をイメージするのは難しいのですが、いろいろ思い浮かべ
3時間で彫れるシンプルで、それにチリントゥらしさも取り入れたお正月柄を彫りました。

あとは紗張りし型置きし染めて洗って、完成したら撮影して!
ってあと二週間でできるのかしら!

頑張ります。

by tirinto | 2017-06-01 12:00 | 作る途中のこと | Comments(0)
制作
鯉のぼりをつくらせて頂いています。
制作_a0079315_21431849.jpg
チリントゥの品物を愛用して頂いている方からオーダーを頂き、染めています。

天然顔料で両面を染めます。
チリントゥでは商品はすべて天然顔料を使います。
制作_a0079315_21435632.jpg
少しずつ染めます。
制作_a0079315_21441500.jpg
この後、二度目の顔料を重ねて、隈取りしていきます。

二度重ねることで、堅牢度も増し、綺麗にも染めることができます。

かわいい鯉のぼりになりますように。

by tirinto | 2017-03-26 21:35 | 作る途中のこと | Comments(0)
教室再開に向けて その2「工房カーテン」
おとといから制作をしています。

昨年の引越し以来初めての作業。

白生地を出してきて、糊を作り、型置きをして。
教室再開に向けて その2「工房カーテン」_a0079315_13431768.jpg
新しい工房のカーテンを作ることにしたのです。

一部分に紅型を使いたくて染めることにしました。
少しは紅型工房らしい雰囲気を出したくて…

この三日間は母に娘をみてもらっての作業。
授乳に帰れる距離なのが有難いし何より母にみてもらえるのが。
教室再開に向けて その2「工房カーテン」_a0079315_13435440.jpg
柄は昔彫って、バックを少し作っただけでほとんど染めていなかった鳥の柄。

それからウォーターマッシュルームって名前だったと思う、その植物をデザインした柄。

カーテンだから横繋がりできる柄をチョイスしました。

来月オープンイベントまでには出来上がっているかな?

がんばろうー

by tirinto | 2017-03-23 13:42 | 作る途中のこと | Comments(0)
コツコツすること
もうすぐで、教室も一旦お休みに入らせて頂く時期が、とうとうやってきました。

生徒さん方には、スケジュールがきつい中で制作をお願いして申し訳ない気持ちです。

そんな中でも、素晴らしい作品が出来上がってきております。

教室お休み中にも、型彫り等されたいということで彫りたいデザインを探されたりしている方もおり、
私もまた復帰後頑張らねばという気持ちにして頂いています。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
コツコツすること_a0079315_8163810.jpg


ちょうど今隈取りが終わって蒸し屋さんに出しているところですが、絹地に古典柄を染めたサンプルを作っています。

写真は隈取りの進む様子。

薄紫のアジサイに隈取りしているところですが、分かりますか?
コツコツすること_a0079315_8165588.jpg

紅型は作業もコツコツです。

そして工程が長いため、すべてを習得するには大変な時間と労力がかかります。

私自身お師匠さんに教えてもらえるなら、まだ教えてもらいたいことがいっぱいです。
でも、実際は教室ではなく仕事場での修行でしたので、目でみて覚えることがほとんどでした。
忙しい仕事の最中に気軽に聞いてはいけない気がして、質問などはあまりしなかったような気がします。
隈取りの方法を、こうするんだよああするんだよと教えてもらった記憶はないですが、
間近でみて、色使いや筆の動きを覚えていきました。

そのほかの様々なことも、覚えきれないときにはノートにメモしていました。

そして、自分で制作を始めるようになってからは、制作記録のノートを作りすべての作業を
細かくメモして、染めにどれだけ日にち時間が必要だったか、
上手くいったこと、失敗したこと、使った糊の量、水の量、などを次に繋げるために
記録するようになりました。
ノートの厚さは積み上げると何センチにもなっています。

仕事なので当たり前のこと、なのですが。

今のチリントゥの教室でも、たまにノートをとられている方を見ると
次は自分一人でもやれるようにメモをされているんだな、と思います。
教室だけど真剣に来てくれているんだなと感じます。

「分からない」だけじゃなくて、「それでも分からないことがある」というスタンスでいてくれることが
とても好感もてるな、と思うんです。
コツコツすること_a0079315_826636.jpg

そんなことを書きつつも、もうあと今日と15日でお休みに入らせて頂くのですが。

しばらくの復帰するまでの期間、初めて教室のお休みを頂く間、
教室が、より皆が楽しめるような中身を考えてみたいと思います。

そして今私の手だけではなく、手伝ってもらえる方の力も借りる時期に入っているな、とも思います。
紗張りをお手伝い頂いた生徒さんや、今制作を手伝って頂いてる生徒さんや
今度講師を任せる方や、、、
一緒にやってもらって力を借りてみると、すごくそれを感じます。

なんだかまとまりのない内容になってしまいました。

ここに来られた方が、来て良かったと思えるような教室に
今後もできるようにと思います!
by tirinto | 2016-10-08 08:41 | 作る途中のこと | Comments(0)
古典柄を染める
8月から始めているのが、古典柄のサンプル制作です。
古典柄を染める_a0079315_1724818.jpg

教室で、古典柄をきっちり学べるコースが欲しいというリクエストがあり、
私もちゃんと教えてみたいという気持ちもあり、
産休復帰後を目標に新コースをと考えています。

産後は、おそらくサンプルを作るような時間はないだろうと想像して、
今時間のあるときに・・・
と考え8月から始めたのですが、なんだかんだで忙しくなり
ここのところは週イチペースですが工房で染めています。

ひとりお手伝いに入ってもらい、二人でサンプル制作8種類を頑張っています。
古典柄を染める_a0079315_173619.jpg

古典柄を染めていると、やっぱり古典柄良いなぁと今更ですが思います。

何が、良いか。

柄。
色。
雰囲気。

うまく言えない・・・。


古典柄は昔ながらの親しみやすい柄がよく登場します。

梅・桜・団扇・扇子・紫陽花・蝶々・雪輪・松・菊、、、

それらが紅型の色で華やかに染まっていくのを見るとワクワクします。
古典柄を染める_a0079315_173294.jpg

ゆっくりペースですが、染め上げていく楽しさ。

今のこの時間を大切にしたいと思います。
by tirinto | 2016-08-26 10:10 | 作る途中のこと | Comments(0)
今年の仕事始めは
今年の目標のひとつに、紅型を始めたころの気持ちに戻る、があります。

初心を忘れずですね~

チリントゥを始めたころは、紅型を知ってほしくて、紅型のことを伝えようと一所懸命でした。
このブログでも初期のころはいろいろ書いていたなぁ。

でも、10年経ち、なんとなく周りにチリントゥのことや紅型のことを知ってくれてる方が増えてきて
その心が薄れていたような気がしてます。

今年はこのブログでも、いろいろ紅型のこと伝えていけたらと思います。
今年の仕事始めは_a0079315_2165935.jpg

さて、今年の仕事始めは帯の隈取りでした!

私チリントゥがもっとも好きな工程です。

色とりどりになっていく様子、やっと完成が見えてくるこの段階、ワクワクドキドキできるから。

上の写真は隈取りをし終えた反物。

隈をとる前の様子は、下の写真のとおり。
今年の仕事始めは_a0079315_2173869.jpg

そして、このとき使う筆は特別に細く作ったもの。
道具で出来上がりは全然違う。
だからとても大切です。
筆はすべて手作りで制作します。
今年の仕事始めは_a0079315_2172688.jpg

もっとも紅型らしい工程でもあると思います。
魂を入れるような気持で隈を取ります。


教室では、隈取り表を使って覚えてもらっていますよ。

そうそう!明日は新年最初の教室日です。

紗張りからスタートですね。
今年も紅型を身近に楽しめる場所にしていきたいと思います!

どうぞよろしくお願い致します。
by tirinto | 2016-01-08 21:20 | 作る途中のこと | Comments(0)