人気ブログランキング |
カテゴリ:チリントゥ日記( 379 )
パリ、Japan Expo 出展のご報告や感じたこと
ひさしぶりの投稿になります。

教室は先日のJapan Expo開催中はお休みさせて頂きました。
それ以外は毎週金曜日土曜日と開催しており
新しい生徒さんも増えて賑やかな教室となっております。
教室レポートも途切れ途切れで、もっと発信していかなければと思っています!
a0079315_16511561.jpg
フランスのパリで行われたJapan Expoに戸谷、この度出展してきました。
約20年ぶりの海外、すべてが新鮮なわけですが
そんな中でも本当に貴重な経験をさせて頂きました。

今年1月の終わりに出展を決めてからの半年、
その間にも様々な経験をしてきました。

Japan Expoに出展中も、その準備期間中も、すべて贅沢な時間でした。

会期中の様子はインスタグラムに投稿しておりますので
是非ご覧くださいませ。

準備には
・英語ホームページの制作、誕生
・英語パンフレット制作
・英会話レッスンのご指導(これは私がほんとにダメ生徒でしたが現地では役に立ちました!)
・販促物の用意の仕方
・どんなものが好まれるか想像しての準備
・出展準備の方法や中身のコンサルティング

出展中
・海外の方の反応
・海外のお客様との繋がり、出会い
・お客様の好奇心や紅型に対する興味
・言語の壁、反対に言葉じゃなくてハートで伝わった嬉しさも
・通訳さんのチカラ
・好まれる模様、好まれるアイテム、色
・フランスと日本を繋ぐコンサルティングをされている方との繋がり
・出展者の皆様との出会い
・商品の展示の仕方、展開方法、テーマの決め方
・日本のイメージで何を求められているのか

・日本の良さ
・日本人の良さ、気質

(ラスト一日での観光では
・パリの街並み
・歴史ある街の建物
・渡航中、メトロも何度も乗りました)

キーワードとして並べてみました。

行くまで様々なご指導を受ける中、
悩みながら
「たぶん~だろう」
と想像しながら準備をしていましたが
行ってみたらすべてが分かりました。

フランスの方の好まれるものはすごくハッキリしていたし
4日間会場で過ごす中で本当によく分かりました。

最初準備していた「くるみボタン作り」は初日で早々にやめてしまいました。
初日の昼過ぎからは、実際の染め体験のワークショップを行っていきました。

くるみボタン作りは、紅型の古典柄を紹介して
日本の模様に触れながら楽しく「くるみボタン」をつくってお土産にしてもらう
というのがテーマだったのですが、、、
そもそも、天然顔料で丁寧に染めた布であること、その価値をまずお伝えしなくては
ならないですし、その上で模様のご紹介をして
作る価値があることを納得して頂かなくてはならないのですが
とても難しい。

こういった場所では何かひとつに絞らなくては難しいということを知りました。
初めて紅型を見る方には前知識がないので、まず天然顔料の素晴らしさをお伝えするのには時間がかかる。
その上に、模様について、見た目の美しさだけではなく、それに込められた意味を伝える。
ものすごい人数がいらっしゃるイベントには不向きでした。

そこで、戸谷真子を、チリントゥを伝える
というのは、ひとまず置いておいて
「紅型」はなんであるのか、を伝えることに徹しました。

・昔の型紙は、和紙を柿渋で塗ってできた渋紙というものを使っていたこと
・彫り上げた型紙は上から漆を塗り、補強すること
・染める材料には大豆を使うこと
・糊はお米が原料であること

こうして並べてみると
紅型は日本やアジアならではの材料を使っていることにあらためて気づきました。

そのうえで、模様に興味を持ってくださった方には
模様のご説明をしました。

私から通訳さんに。
通訳さんからお客様に。

通訳さんは一度覚えたら、それをお客様に自然と伝えてくれました。

模様の紹介をするとき、これは何故おめでたいの?とかそういうことを聞かれながら
話すとそれもまたとても勉強になりました。

飾っていた着物などはとても注目して頂き、beautiful! と沢山の方に声をかけて頂きました。

自分のデザインを印刷した折り紙を配っていたのですが
折り紙は本当に喜んでいただきました。
これは、紅型というより自分のデザインを広めるという行動、アクション。

配りながら、一体私は何を今回広めたい、見て欲しいと思っていたのだろう、と
考えていました。

a0079315_16594919.jpg
私はデザイナーでもありチリントゥというブランドをプロデュースをしており
また染めをおこなう職人でもある。

1戸谷真子のデザインを推すのか、2チリントゥを広めたいのか
それとも3紅型という沖縄発祥の染めを広めたいのか

全部したいのですが、
どの場面で何をテーマに発信するのか
これはとても重要なことだと。

今更ながら分かりました。

日本であれば、やっぱり染め物、というものが身近にあるせいか?
私がデザインをして紅型の技法で染めました。
紅型とは~です。

という流れでお伝えすればだいたい分かって頂けるのですが
そうでなかったことで、
日本で今後展開する上でもどうするべきか考える参考になりました。


今月末には、大阪髙島屋さんで
小学生を対象にした「おしごと体験」の紅型染めを
戸谷が担当します。

これは3、なわけですが
同時に戸谷の展示販売コーナーも作って頂くのです。
プロデュースしているチリントゥの商品も販売をします。

難しいことを私、しているのかもしれない。

今年後半は出張ワークショップの予定が沢山入っています。
有難いです!!


もっとシンプルに、伝えることを絞ること
それを大事に考えていかなくては
思います。

今年したことが来年に繋がるように、
経験したことを活かさなくては。。。

がんばります。










by tirinto | 2019-07-16 17:00 | チリントゥ日記 | Comments(0)
謹賀新年
あけましておめでとうございます。

皆さまにとって素晴らしい一年になりますように。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


a0079315_09213230.jpeg


年末はあっという間に日が過ぎて
新年を迎えた戸谷です。

昨年内ギリギリに、新作の試作品が届きました。
宅急便が混んでいて、制作工房が早く送ってくれたのに、受け取れたのは30日。
でも、来年に繋がるものが年内に見れて
ホッとしました。
嬉しかったです。

「工房チリントゥは2019年から制作・販売を再開します」

という一文。

重いです、決意みたいな。
書いたからには。

心機一転、制作を頑張る年になりそうです。


今年も教室と制作の両輪で
工房チリントゥを頑張っていきますので
どうぞ宜しくお願いします♪

==================================


a0079315_09272995.jpeg


うちの元旦の朝ごはん。

簡単です。

毎年、お正月は忙しい。
家でゆっくりするわけではないので
おせちを作っても残ってしまう。

今年は黒豆だけは作りましたが、
それも大半は冷蔵庫の中に。

娘が成長したら、ちゃんと作ってあげようかな。

by tirinto | 2019-01-02 09:16 | チリントゥ日記 | Comments(0)
終わりから始まりへ。

今日は年内最後の染めをしていました。


娘の保育園は今日まで。


私も仕事納めです。



a0079315_15294239.jpeg

一昨日と昨日は工房の棚卸し、整理整頓。


予想はしていたけど、あっという間の12月。


今年は、本当にいろんなことがあったなぁ。




夏の一大イベントまでの道のり。


2日の普段の教室も、今年も様々な作品がうまれて生徒さんと会えるのが楽しかったなぁ。




これだけでも盛りだくさんなのに


ワークショップもいろいろ開催し、


近鉄の文化サロン講座もあり、




そして


来年に向けた計画と始動。




自分ひとりではここまで絶対来れなかったです。


挫折し、諦めてたと思います。


だから振り返ると、すごいなと自分でも思うけど、そうじゃなかったんだなぁと。



ひとりでやる染めの仕事に慣れて、私はこれが向いてる。


むしろ、人と関わるのは難しい。


って思ってきたけど


気が付いたら


いろんな方々にチリントゥに関わって頂き


支えてもらっています。




生徒さんやスタッフ、


それから昔からのお客様。


イベントに参加するよ、って連絡くれた方。


影ながら応援してくれている方。




また、このエネルギーをくれている人物、娘。



教室のある、絶対抜けられない日は、


内心いつも娘の体調にひやひやしながら


仕事に行っていました。


娘が元気に過ごしてくれたおかげで、


大きな穴をあけることなく一年終えられました。


もちろん、スタッフに支えてもらった面も大きく、フォローしてもらってきました。




話は飛びますが


今年9月、工房チリントゥの理念を作りました。


13年目にしてやっと、、、笑




紅型の技法を継承していく一人として、責任をもつ。



チリントゥの商品を手にとる、使う、また体験するすべての人にとって、やすらげる物・居場所であるように。




この2つなのです。




来年は新しいことを始めますが


この2つを大切にしていくことを忘れないようにしたい。






私が沖縄で紅型をしていた時、


知念びんがた工房は


私にとってやすらげる場所でした。


居場所でした。


いていいんだ、と思えた受け入れてくれた場所。




そんなふうにチリントゥがなれれば良いなと思います。




関わって下さるすべての人に感謝です。




来年もよろしくお願いいたします。


工房チリントゥ

戸谷まこ


by tirinto | 2018-12-27 15:26 | チリントゥ日記 | Comments(0)
感謝 2005年からを振り返り
ここ最近、チリントゥのお客様を振り返る作業をしております。

この作業をしていると、本当に感謝感謝で、これまで感謝が足りない自分に反省しきりです。

いま一度、お越し頂いた作品展、ご購入頂いた品物やご参加頂いたワークショップについて
お一人様ずつの記録を振り返らせて頂いているのですが、、、

10年くらい前なら、まだ記憶力に自信があったのですが
商品販売も多くはないものの年数や数が増える一方、
ワークショップもこれまでチリントゥ主催のものだけで200名様ほど、外部の出張を含めると
把握ができないくらいに多くなっており
記録をきちんとしたいなと思い、時間がとれる時にパソコンと向かい合っています。

なぜ、急にそんなことをしようと思ったのかと申しますと
私の憧れの絨毯屋さんがあるのですが、
先日久しぶりに伺ったら
12年前に購入した絨毯の記録が残っており
ちょっと感動をしたのです。

もちろんお客様の情報については
細心の注意を払い、管理をしております。

記録がもうないものもございますが、

ほんとうに、いかにこれまで様々な方に支えて頂いてきたのか
また自分の記憶がいかに曖昧であるか。


本当に有難く温かい気持ちになります。

来年、再来年、こうしていきたいという目標があるのですが、
お客様を大切にできる、また楽しんで頂けることを
頭において
進めていきたいと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

工房チリントゥ
戸谷 真子

by tirinto | 2018-12-13 22:55 | チリントゥ日記 | Comments(0)
娘の誕生日
昨日は娘の二歳の誕生日でした。

朝から用事がありバタバタとした一日になってしまいました。

もっとゆったりした気持ちで
お祝いしたかったのが本音ですが、
少しでもお祝いできて良かったです。

じいじとばあばにもお祝いしてもらいました。

二歳の今の成長はすごく、日々成長を感じます。
今とても大事な時期なのだろうなと思います。

私自身も思い返せば、最初の頃の記憶は二歳頃。
二歳まで住んでいた家の記憶
ブランコで遊んだり、毎日通った道などの記憶が
うっすら残っています。

娘の記憶にも楽しかったなあ幸せだったなあと
思えるものを残してあげたい。

親として何がいちばん良いことなのか
日々探して反省もするけれど
いつも大切だよと伝えていきたいし
娘が笑顔でいられる環境をつくっていきたい。

とあらためて思います。




by tirinto | 2018-12-10 10:24 | チリントゥ日記 | Comments(0)
制作の再開に向けて
今日はお正月のタペストリーのワークショップの
準備をしていました。

今週金曜日、わくわくです!

今年も多くの方にご参加頂けたらと思っております。
御予約頂いている方々、お待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・
チリントゥの戸谷、先月くらいから動き出していることがあります。
それはチリントゥとしての活動を見直し、
定期的な制作を開始する為です。

きっかけを頂いたのは、実は夏のイベント前後のこと。

長年の、もう10年くらいお付き合いさせて頂いているお客様からの商品のお問い合わせでした。

私自身は、妊娠前、産休、産後、と
ここ数年は教室以外の仕事に関してぼちぼちの状態でした。
商品について、たぶん一番多く制作し催事等忙しく動き回っていたのは10年前から6年前頃。
チリントゥのファンであったお客様に手伝って頂き、ネットショップもしていました。

その当時、作っても作っても、売れているのに実際には利益が上がっていないということが起こっていました。

紅型の染めは、とても手間がかかるもの。

一人で染める量として、帯は月に3本が限界。

小物とて、同じ工程をふむので
手間は変わりません。

けれど、小物になると
帯と同じような値付けをしたら
とんでもなく高い値段になるため
価格を抑えていました。

私の苦手分野である利益を直視せずに
作りたいものを作っていました。

そうなるとやはり苦しい。
小売店さんやお客様に買って頂き嬉しいのですが
運営として間違っていました。

京都にいた時は、それでも工房の一階に店舗があったので
直販できたことでなんとか成り立っていました。

そんなこともあって、直販できる店舗がなくなった大阪に工房が移ったこと
看板商品だったがまぐちが、仕立て屋さんから下請け業務をやめたいと言われたこと、
この二つが重なり
定期的な小物の制作をやめました。

以降、今まで個展や催事の時だけちょこちょこ作って販売していました。

a0079315_21130029.jpeg

そんな長い前置きがあり、今年2018年の夏のイベントの後。

長年のお客様からのお問い合わせ。

イベントの為に作っていた小物が数点残っているだけで、お客様に選んで頂ける程種類はありませんでした。

この時、お客様に
またいつ作りますか?
いつ出来上がってきますか?
と質問され、うーん、とはっきりお返事出来ませんでした?

嬉しいのに、実は小物は作っても苦しくなるだけでイベントの時限定で作っています、とは言えませんでした。
待っていてくださる気持ちに、応えられないのが申し訳ありませんでした。

それとは別に、夏のイベントの時に古くからのお客様が
チリントゥのものを使っていてくださったり、
またバックや扇子等をお買い求め頂いたり
本当に有難い気持ちでした。

a0079315_21150247.jpeg

これら二つのことがおそらく大きなきっかけとなり

小物作りを再開してみようと思うようになりました。

それまでは、手伝ってくれている生徒さんからも
販売したら、というようなことを言ってもらっても

いやいや、もうしんどいので。
もう懲りました。
とまで言っていました。

それほど、本当に手作りの物で商品を作り販売しつづけるのは大変なことと身に染みて分かっています。


だから、再開してみようと考えた今、
次はしっかり土台から作るつもりです。


継続するために利益にも目を背けずに
ちゃんと向き合って商品作りをしたいと思います。

価格は、ちゃんと向き合うと
本当に高くなってしまいます。

また時代の流れから、以前よりも仕立て代も生地代も上がっています。

制作から販売まですべてできるのか
時代の変化が大きい今、受け入れられるのか
分かりませんが
もう一度チャレンジしてみたいと思います。

このきっかけを下さったお客様に感謝です。


この3週間くらいは、
商品展開について考えたり、新しいパンフレット作りや打ち合わせや、この時期らしく風邪もひいたりで
いろいろと大忙しです。

がんばります。

by tirinto | 2018-11-20 22:46 | チリントゥ日記 | Comments(0)
新しい出発へ
今日は仕事の用事で中之島へ。

近くに来たついでに以前お声がけ頂いたリーガロイヤルホテルのギャラリーを見に行ってきました。
担当の方にもお会いしてお話を伺ってきました。

今月は気が付いたらいろいろ勉強させてもらい、今までになかった考えや気付きに触れています。

良い方向へ向かうように
頑張ります。

by tirinto | 2018-10-29 13:49 | チリントゥ日記 | Comments(0)
人と比べない
今朝は娘に
イヤな言葉を言ってしまった。

これから保育園に行くのに
その前に。

母の勝手で

娘は何にも悪くないのに。
ただ、分からずにプリンターの液晶画面を好きように押しただけ。
変な表示になっただけ。
ママがやろうとしてたことができなかっただけ。

ごめんね、って後から謝って。

そういう時も。あと娘が間違ったことして私が怒った時も。
娘はいつもえへへへっとにこにこしている。

もっと娘との時間を大切にしたい。

だから、娘が保育園に行っている間、
なんだか
すごく頑張って仕事しなくてはと
思うようになっていた。

休憩してたら悪いような気分。

お昼ご飯のんびり食べたら罪悪感というか、
そういう感覚。

そして、紅型作家の友達の制作を見ていたりすると
やっぱり頑張らないと。と思ったり。

自分ってほんとに何なんだ、と思う。

勝手過ぎる。

いつも余裕を持ってニコニコしていたい。

何事も心の持ちようなのだ。


自分で自分を追い詰めては
まわりも幸せにできない。


まわりの声もいろいろあるけれど
どう生きるかは私が決めていいんだよね。

と反省した今朝でした。
a0079315_10194286.jpeg

by tirinto | 2018-10-02 09:58 | チリントゥ日記 | Comments(0)
少しずつ
なんだか急に。
思うがままにブログを書き出しています。

昨日は無事お仕立ても出せ、ひと通り四件回り大阪へ。

あさっては教室。
久しぶりにお会いする方も御予約があり
楽しみです。

生徒さんにお会いして、作品の経過を見させて頂くことで
私自身パワーを頂いて、また勉強させて頂くことも多いです。

子供のころから、人と同じことをするのが苦手だったせいか?

今、この教室で皆さんがそれぞれ違うものに取り組んでいらっしゃるのは
私にとってはとても素敵なことで
皆さんにとってもそうであったら嬉しいなと
思います。

そう、もうバレていますが
こんな仕事をする人間ですから

私は
子供のころからちょっとまわりからズレていました。

そのせいで、生きづらいなと感じることも
幼いころから多々ありましたが

今こうしていられるのだから

有り難い。

そして

大人になると

似た者同士が

集まってきて

なんだか

あれっ

私、社会に溶け込めているかも?

と錯覚をおこしてしまいそうになる。

ほんとこんなに紅型好きさん
モノづくり好きさん、沖縄好きさん
様々な方との出会い。

今は幸せです。


これからは、ここチリントゥを通じて
そんな出会いを横に繋げて
さらに膨らませていけるようなことを
したいなと思っています。

そして
このブログですが、、、

今フェイスブックとインスタグラム
で主にチリントゥのことを発信しています。

このブログは
題名通りの
チリントゥの足の裏
に戻ろうと思います?

私、戸谷のチリントゥを運営する中での裏側
(主に独り言になるかもしれませんが)
を綴っていこうと思います。

教室レポートと告知は今まで通りの予定です。

ですので、
最新の情報、ワークショップ等などは
アプリをお待ちでない方は
スマホにて
フェイスブック、インスタグラムのアプリを取得して頂き
ご覧頂けたら幸いですm(_ _)m


自分の親世代を考えると
アプリで何か見るって
ハードル高い方もおられるとは重々承知なのですが。
よろしくお願いできたら嬉しいですm(_ _)m

ホームページは
情報更新時々していますよ♪

是非ご覧ください。



by tirinto | 2018-09-26 22:00 | チリントゥ日記 | Comments(0)
京都へ
今日は雨の朝。

娘を送り、今は京都へ仕入れと仕立て出しに向かっています。

私の一週間は
・教室の準備
・これからするワークショップや出張教室の企画
・そのサンプル作り、告知
・教室のご予約やワークショップ、イベント類の受付
・自身の制作
・仕立て出し、仕入れ
・時々スタッフ打合せ

などを週3日の中で行い

残りの2日は
「教室」
という

日々です。

京都へは、
送ってもらったり
送ったりのやりとりで
できることもありますが、

大切な生徒さんの作品は
直接お会いして仕立ててもらいたいもの。

お仕立て代の儲けがまったくないことは仕事としては
問題だと思いますが、、、でも安心。会う方が。

向こうもモチベーションが違うと思いますし、私も時々はお顔を見たい。


なので、持参することも多いです。

今日はそんな日。

by tirinto | 2018-09-25 09:35 | チリントゥ日記 | Comments(0)