パン屋
2,3日前だったか、知り合いの人のお店に行きました。

「織り」をしている人のお店で、
行くといつもつい長居をしてしまうのですが、その日も2時間近くいたかもしれない。
だいたい気が付くといつの間にか椅子に座り、お茶を飲んでお菓子を食べている。

最近引越ししたことを話しました。
「へぇ~、うちと近くなったねー。これからはいつでも来れるねー」などと話していると、
「じゃぁ、ここのパン屋近いんじゃない?」と、何やら地図を見せてくれた。
それから、そのパン屋さんが紹介されている雑誌も見せてくれた。
このお店のご主人お気に入りのパン屋らしい。

地図を見ると、うちのすぐ近くだ。
と言うより、どう見てもうちの家のあたりを指している。
けど、パン屋なんてあったっけ?いや、ないはず!どこだ、、、。
雑誌の写真を見ると、ずいぶんのどかで、広そうな民家のお店。

気になってしょうがなくて、探してみた。
そうしたら、なんとうちのすぐ真裏にあったのだ!
真裏といっても、そのパン屋さんに行くには狭い小道を行かなくては看板すら出ていない。

そして、今日行ってみた。(と言ってもすぐ裏)

こんなにパンにこだわっている人に初めて会った。
食べ方から、食べ合わす食材まで教えてもらった。
それに、その人の話し方にはパンへの熱意と自信が初対面でも伝わってきた。
それは、きっと今までの経験などの積み重ねからくる自信なのだろう。
だからただの空っぽの自信ではなくて、密度が濃い感じ。

試食したパンも密度が濃かった。
おいしい~!!っていう印象より、「あっ。ハマルかも」というやつです。

同じもの作りをしている者として、  こうあれたらなぁ   と思いました。
けど、たぶんパン作りでこんなにこだわっている人はあんまりいないんじゃないか。
いや、パン作りも染めも、こうなってくると根っこの部分は一緒だ。
私は、まだまだ、まだだ。
明日からまた気を引き締めてがんばらねば!

「織り」のお店も、パン屋さんも、いつか紹介したいです。
[PR]
# by tirinto | 2007-04-13 22:44 | もの作りつながり | Comments(4)
桜、満開ですね。

満開で、花びらが上から散って、花見の人々の上に舞い降りていました。

「あぁ~綺麗だなぁ」って上を見上げて桜を眺めていると、やっぱり日本人だなぁ、と思ってしまう。
桜を見ると安心する。春だなぁ。と思います。

沖縄にいた頃、桜が見れず切ない思いをして、桜の特集の雑誌を買って眺めていたことがありました。
沖縄でも1月に桜は咲くのですが、ちょっと濃い目の、梅の花の色のようなピンク。

今、沖縄では、デイゴの花が咲き始めているそう!

そっかぁ、もうそんな季節なんだ~。
もう暑いって言っていたし、、、。

a0079315_045292.jpg


でも、
そんな距離があったって、気候が違ったって、「空はつながってるんだからさ」、と昔お世話になったひとに言われたことがありました。

そう言われると、よく分かったのか納得したのか分からないけど、
「まっならいいかっ」って思えるから不思議です。
[PR]
# by tirinto | 2007-04-12 00:15 | チリントゥ日記 | Comments(0)
結婚式
先月の最後の日、高校時代の友人の結婚式がありました。

引越しのさなかであまりにやることがいっぱいで、どうやって名古屋に帰ったのかも思い出せないくらいフラフラで、一緒に出席する友達との待ち合わせの場所に、、。

が、友人の花嫁姿は本当に綺麗で、感激のひとことでした。

幸せでした。

友人も本当に幸せそうでした。

ここ何日か、しかめっ面になっていた私の顔も、気が付いたら顔の筋肉がほぐれてニコニコになっていました。

幸せなことはやっぱりいいです。
[PR]
# by tirinto | 2007-04-07 21:27 | チリントゥ日記 | Comments(0)
やっと
今日やっとインターネットがつながるようになりました!

家にネットが来なくてもきっとどこかで更新できるだろう~。 
というのは甘い考えでした、、。
とは言え、メールが使えるようになるのはもう少し時間がかかるそうです。
メールの設定に切り替えの期間がいるそうなのです。

引越し、しました!

物が多くて運んでも運んでも荷物がいっぱいでしたが、なんとか無事あたらしい家に住むことができました。

あたらしい ―というのは私の中で、新たに住む家、っということで実際は前の家よりも古いかもしれない、、、。
テレビ線も切れてるし、お風呂も毎日少しずつ直しています。

でも、こうやって住んでしまえばこっちのもの。
新しい住人になって、いい家にしよう~!!
風通しの良くて日当たりのいい家です。

染めも格段にしやすくなりました。
それに、前まで自転車で30分以上漕いで行っていた蒸し屋さんが、なんと10分で行ける距離に!
もうこれは私にとっては画期的なことで、ルンルン気分で蒸し屋さんに行っています。

町の中も春ですね。
今日はちょっと暖かいです。
[PR]
# by tirinto | 2007-04-06 14:24 | チリントゥ日記 | Comments(0)
引越し
今まさに荷造りの真っ最中です。
引越しをすることになりました。

今までこのお家には本当に本当にお世話になりました。
この家と出会ってなかったら、今の自分はなかったかも。
いろんな無茶をしたことも、がんばったことも全部この家が受け止めてくれた気がするな。
まるで、家じゃなくて人!?みたいな言い方ですが、本当に大好きな家でした。

向かえの大家さんも、裏の畑のおじいちゃんのせっせと野菜を育てる様子も、下の子供たちの流行りの歌の大合唱も、引越したら懐かしいものになってしまうんだな~。
(おじいちゃんも子供たちもかわいい!)
まだ実感がわきませんっ。大丈夫かな。。。

遠くて不便な場所でありながら、これまでチリントゥのお客さんにも何人もの方に来ていただきました。
本当にありがとうございました。
お客さんとの思い出もたくさんつまっています。
ほんと、思い出すと離れがたくなってしまう!


新しい家にはインターネットがまだきていません。a0079315_8525671.jpg
来月の10日くらいにはつながるということです。
なので、しばらくブログは、家以外のどこかで更新になりそうです。

メールもその間、お休みさせていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願いします。
[PR]
# by tirinto | 2007-03-26 08:56 | チリントゥ日記 | Comments(0)
お仕立て
先日、これまで染めた紅型の布の端切れとか、縫製しようと思ってそのままになっていた布などを集めたものを持って、あるお家におじゃましました。

それは夜。
天ぷらをごちそうになって、白いご飯は土鍋で炊かれてツヤツヤのお米をいただいて、本当に幸せな晩御飯の時間でした。
もう、ご飯が本当においしくて、器も素敵で、、、と、危うく本題を忘れそうになってしまうところでした。

ずっと前から、好きでいつかコラボレーションできたらいいなぁと思っていた布作家さん。
今回は、チリントゥの布のお仕立てをお願いに行きました。
なので、ご飯を食べてからは布をいろいろ出して、本題も忘れずにちゃんと。
実は9月に個展をするつもりで、そのときに出したくてがまぐちのお仕立てをお願いしました。
布はそれぞれちょっとずつなので、きっとすべて一点ものになりそう!

それが、すごくおもしろかったのが、布の柄のどの部分を使うかで、同じ布でもガラッと雰囲気が変わること。
それはがまぐちの大きさにもよって違い、この柄は小さいのが合うなぁ、とか、これは大きいので柄をそのまま見せて仕立ててもらおう~とか、自分の布を新しく見ることができて、とても新鮮でした。
がまぐちを作るときに使う布の型紙を、チリントゥの布の上に置いて柄の入り方を見せてくれたのですが、その柄のとり方が自分の感覚と違っていて!
自分以外の人に布を見てもらうことで、また違った何かがうまれそうです。

ひっそりと、今から出来上がりを楽しみにしておこう~。
[PR]
# by tirinto | 2007-03-24 22:09 | チリントゥ日記 | Comments(0)
夕方から
今日は前々からお客さんとお会いする約束をしていて、COCON烏丸で待ち合わせをしていました。
知恩寺の手づくり市に出していたときに、知り合ったのです。
「と言うことは、おととしの12月だから結構前になるんだな~。」と家に帰ってから思いました。

だけど、お会いしてちゃんと話すのは今日がはじめて!
四条烏丸の近くのお座敷のあるカフェに場所を移して、甘いものを食べながらお話をしました。

2年間の京滋生活を終えられ来月から転勤で近畿を離れることになり、手づくり市での思い出にとチリントゥの帯を注文してくださいました。
お手持ちのお着物も持参して下さり、着物に合うように帯の地色や生地を決めていきました。
そのお着物は紬のいろんな色が入った縦絣。
すっごくいい感じのひとえの夏物。
長い間大切にされていた感じが、着物から出ていました。
生地のなじみ方、糸の光沢、糸の色。
「うん!これは是非こちらの帯と合わせて着ていただきたい!いいもの作ろう~!!おぉー!」
と生意気なことを思いつつも気合いが入ってしまいました。
きっと、麻の帯としっくりくるはず!
この夏、着ていただけるように頑張らなくっちゃ!

だけど、お話していていろんなことを思いました。
「なんでいきなり沖縄に紅型の修行に行こうと思ったのか」ということはよく尋ねられるのですが、だいたいは「いきおいですよ~」と言っています。けど、今日お話していてやっぱりそれだけではなくて、その背景には家族の理解とかがあって、自分の育った環境とかも含めてその上で、そういう行動になった。のかもしれない。
どっちにしても、今自分ができることを最大限やろう~。自分にとっての今を大切にしよう~。とあらためて、なんでか思いました。

お客さんと別れてから、ちょうど近くでやっていた大丸ミュージアムの「魯山人の宇宙」展を見ました。
魯山人  ― 名前はよく聞くけど京都出身のひとだったのですね。
展示は、焼き物がほとんど。作陶を始めたのは40代になってからだそう。
私は、焼き物はやったことがないので、展示物のどういうところがすごいだとか、この技法は素晴らしい!とか全くわかりません。
だから、感覚で見ています。
そうやっていろんなひとのものを見ていつも思うのは、ちょっとのおもしろい発想とアイデアって実はなかなか実際にそれを作り出せるひとはいないのだなということ。
おもいしろいことを考えるひとはたっくさんいるはずなのに、それを形にまでもっていくのはすごくエネルギーがいって、運もいって、いろんな要素が必要なのかな。
最近はこういう「~展」いうのを見るとき、その作者の年表なんかも気になって見る。
どんな生き方をしてきたのかなぁ、、とかとても気になるのです。
でも、年表の前には人がたくさん集まって皆懸命に細かい字を読んでいました。
作品と人。
やっぱ皆も知りたいと思うのだろうか。

今日は午後の後半、そんなふうに過ごしました。
[PR]
# by tirinto | 2007-03-18 22:56 | チリントゥ日記 | Comments(0)
桜ワイン
a0079315_18315936.jpgつい先日、宅配で荷物が届いた。
差出人を見たら、自分のごく身近なひとからだった。
開けてみたらワインで、手紙も一緒に入っていた。

彼女とは、私が地元を出てからは年数回しか会えなくなってしまっていた。
けど会えば、いつも絶妙な息の合いでアホなこともできちゃう仲。

山梨に旅行に行ったお土産にワインを送ってくれたらしい。
ラベルを見たら、彼女の直筆のラベル。
私宛に文字が書いてあって、このサプライズにもう本当に嬉しくて、手紙を読んだらまた感動してしまった。

いつ開けよう~。
なんか大事なときにしようー。と思って、台所の床に置いておいた。

それから2,3日経って、、、
台所に手を洗いに行ったときに少し慌てて、床に置いてあったワインを足で蹴ってしまった。
「うわ~割れてないよね?ワインさんー」
と、確かめようと箱を開けたときに何かチラっと文字が見えた。
「んん?何だ今の。。」
よーく見てみると、その手書きのワインラベルの裏側に手紙が書いてあるではないですか!
ちょうど、瓶の中から透けて見えるようになっていたんだけど、全然気付いていなかった私。

見にくいながらも瓶とワインを通して、読んだ。
その手紙、読んでいるうちにホロっときてしまった。
もうホロホロだ。
そこには、今まで聞くことがなかった彼女の気持ちが言葉で書かれていた。
普段身近にいるからこそ、こんなことをされたら本当に弱い。ダメ。
身近なひとほどいつもは言わない、言えないお互いに対する気持ち。
ワインの素敵な演出に見事やられてしまった!
あぁ~二度もやられた~。
けど、こんなに感動したのは本人には内緒だ。
言えまへ~ん。
桜の花が入った薄ピンク色のワイン。
飲み干しても、瓶は一生ものだ。


けど、お酒ほど大切に思って飲んだり、思い出になる飲み物ってない。
なんで?たかが飲み物なのに、、、。
とくにワインには思い出が多いのかな。
って言っても、お店で上品に飲んで、、、っていう記憶なく、もらってお家飲みだけ。
今もお家に、もうひとつ白ワインの瓶が開けずにとってあるのだ。
何かいいことがあったときのお楽しみにしようと年末から置いてあるのだ!
早く飲める日が来るといいな~♪
[PR]
# by tirinto | 2007-03-17 08:44 | チリントゥ日記 | Comments(2)
外に出て歩いてみたら、もうこんなに春になっているのですね。

空気の匂いが、もう春そのもの!
なんかいい匂い。
あったかくて、顔も自然と柔らかくなってしまう。
動物的本能か、動きたくてしょうがなくなる。

久しぶりに清涼寺まで行って、森嘉の豆腐を買って帰りました。
ここのお豆腐は本当においしくて大好きで、工場の店先で売っていて、水がしたたるできたてホヤホヤが買えるのです。
この辺り、あと1ヶ月もすれば、無人販売に筍の採りたてが並びます。
嵐山は竹林ばっかりだから、春はにょきにょき筍だらけ。
小さめだけど、2,3個入って手ごろな値段で、米ぬかもちゃんとついて。
うふふ、想像するだけでしあわせな気分です。

2月は会いたい会いたいと言いつつ、なかなか友人にも会えなかったから
もうちょっと落ち着いたらピクニックにでも行きたいな。
遠くにいる友達たちにも会いに行きたいな~。
a0079315_200368.jpg

いつも四季折々の裂き織ののれんをかけているお家。
[PR]
# by tirinto | 2007-03-04 20:09 | チリントゥ日記 | Comments(4)
桃の節句
a0079315_11235421.jpg
今日はひな祭りですね~。
小学生の頃は、この日になると給食にひな祭りの特別ケーキが出て、とっても楽しみだったのを思い出します。
菱形のケーキは箱入りで、嬉しくて嬉しくてたまらなかったです。

うちは女兄弟で、家では母がハマグリのお吸い物やちらし寿司を作っていました。
さて、実家のお雛様を携帯で送ってもらいました。
今年も出していたのですね、、、きっと、娘が行き遅れないか心配なのですね、、、。

このお雛様、木目込み人形で父の手づくり。
一気には作れないので、毎年三人官女や、右近や左近が増えていったのをなんとなく覚えています。
今年は右近、来年は左近というふうに。
まだ、あと三人世話役の人がいるそうなのですが、作るのかなぁ。
父と母の出会いが木目込み人形教室だったのだそうで、なんで20歳そこそこの若者がそんな渋い教室に行ったのか、、、変な二人、、、。
a0079315_11271813.jpg
そんなこんなですが、桃の節句。
春を感じて、いいですね!
[PR]
# by tirinto | 2007-03-03 11:38 | チリントゥ日記 | Comments(0)